コントロール - DragDrop イベント

DragDrop イベントはコンポーネントがドロップされる時に実行されます。

コントロール (PRIM_CTRL) のメンバ

パラメーター

名前タイプデータ タイプ記述
PosX*Input整数カーソルの縦方向の位置 (ピクセル)
PosY*Input整数カーソルの横方向の位置 (ピクセル)
Source*InputPRIM_CTRLドラッグ処理が始められたコンポーネントへの参照
Payload*InputPRIM_OBJTドラッグ アンド ドロップ処理でデータを引き渡すために使用できるジェネリックのオブジェクト
AggregatedSource*InputPRIM_CTRLドラッグ スタイルが Aggregated の時、ドラッグ処理を開始したコンポーネントへの参照
Origin*InputPRIM_CTRLイベントが最初に起動されたコントロールへの参照
Handled*Bothブール値TRUE に設定して、イベントが親のコントロールに伝達されないようにします。
DragResult*Both列挙ドラッグ アンド ドロップ処理の結果を指定します

詳細

DragDrop イベントは、ドラッグアンドドロップ処理中にマウスの左ボタンを離した時に起動します。
 
これは、ドラッグアンドドロッププロセスの 3 番目のイベントです。 例えば、 StartDragDragOverDragDropEndDrag になります。
 
DragDrop イベントは、正常に完了したドラッグアンドドロップを処理するために使用されます。
 
Windows エクスプローラなどの外部ドラッグアンドドロップは、 #sys_appln.AllowWindowsDragDrop プロパティと FilePaths オブジェクトを使用して、サポートされています。

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1