リスト (PRIM_LIST)

テーブル形式のリスト データ

祖先 - コンテナ (PRIM_CPST) コントロール (PRIM_CTRL) ブジェクト (PRIM_OBJT)

詳細

List コントロールは、ツリー構造、データ入力、およびユーザー定義の cell セル内容をサポートする非常に機能的なリストです。
 
I最も単純な形式では、 List は、 LANSA リストコマンドによって管理される典型的な2次元 column ベースのリストコントロールです。例えば、 ADD_ENTRY、 GET_ENTRY、 SELECTLISTなどになります。各列にはソースフィールドがあり、データ値は項目が使用されるので、リストの内外にマッピングされます。
 
リストはツリーとしても使用できます。List Items は他のリストアイテムの parented であり、リストコントロールは外観を管理し、必要に応じて項目を展開したり折りたたんだりします。
 
リストには、他の LANSA リスト、例えば TreeGrid などの単一の列タイプを制御するものと違って、 さまざまなタイプのコンテンツをサポートする特定の column タイプのコンテンツをサポートする特定の列タイプがあります。.これは、イメージ、チェックボックス、ボタン、再利用可能な部分を含む、通常のフィールドベースの列を超えています。
 
サポートされている列の型は、 stringnumberdate timeimagebuttoncheck box そして reusable partです。
 
リストは、データレス列の使用もサポートしています。たとえば、必要に応じてリストはそれ以上のチェックボックスで構成されていない可能性があります。フィールドの値に頼るのではなく、列の currentitem プロパティにアクセスできます。
 
列は2つの方法で動作します。第 1 に、エントリが追加されるときに、列の定義がプロトタイプとして使用されます。したがって、 「削除」 のキャプションで定義されたボタン列には、 「削除」 というキャプションが付いた各項目のボタンが表示されます。次に、すべての列型には、個々のインスタンスへのアクセスを提供する CurrentItem プロパティがあります。
 
List は、 DropDown コントロールの基礎としても使用されます。その結果、リスト内で利用可能なすべての機能が DropDown のドロップダウンで利用可能になります。
 
注:ブラウザでの実行は、大量のデータには適していません。数千のエントリをリストに追加すると、パフォーマンスに影響します。代わりに、一度に1ページずつページングを改善されたフィルタリングを使用し、オンデマンド戦略を使用してデータが限定されていることを確認する必要があります。

この例は、数字とボタンの列を持つ単純なリストを示しています。行が偶数行の場合、ボタンは非表示になります。ボタンをクリックすると、行が削除されます。
Begin_Com Role(*EXTENDS #PRIM_WEB) Height(456) Width(864) Layoutmanager(#TableLayout1)
   Define_Com Class(#PRIM_TBLO) Name(#TableLayout1)
   Define_Com Class(#PRIM_TBLO.Column) Name(#Column1) Displayposition(1) Parent(#TableLayout1)
   Define_Com Class(#PRIM_TBLO.Row) Name(#Row1) Displayposition(1) Parent(#TableLayout1)
   Define_Com Class(#PRIM_TBLO.Item) Name(#List1Item1) Column(#Column1) Manage(#List) Parent(#TableLayout1) Row(#Row1)
 
   Define_Com Class(#PRIM_LIST) Name(#List) Displayposition(1) Left(0) Parent(#COM_OWNER) Tabposition(1) Top(0) Height(456) Width(864) Rowheight(33)
   Define_Com Class(#PRIM_LIST.Number) Name(#ColumnXDEMONUMB1) Displayposition(1) Increment(1) Parent(#List) Source(#xDemoNumber) Wrap(False)
   Define_Com Class(#PRIM_LIST.Button) Name(#ColumnButton1) Columnwidth(100) Displayposition(2) Parent(#List) Caption('Delete') Cellsizing(None) Cellwidth(80)
 
   Evtroutine Handling(#Com_Owner.CreateInstance)
 
      Begin_Loop Using(#xDemoNumber) To(10)
 
         Add_Entry To_List(#List)
 
         #ColumnButton1.CurrentItem.Visible := (#xDemoNumber.mod( 2 ) = 0)
 
 End_Loop
 
 Endroutine
 
   Evtroutine Handling(#ColumnButton1.Click)
 
      Dlt_Entry Number(#List.CurrentItem.Entry)
 
 Endroutine
 
 End_Com

プロパティ

名前記述
AlternateItemThemeDrawStyle代替アイテムに適用する ThemeDrawStyle
AutoSelectItemリストがロードされた時に自動的に最初の項目を選択します
BusyUpdatesBusyUpdates はコントロールがそれ自身をどのようにしてアップデートするかを指定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
BusyUpdatesOfParentBusyUpdatesOfParent は親のコントロールが更新するかどうかを指定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
CanFocusCanFocus はコントロールがキーボード フォーカスを受け取れるかどうかを示す値を返します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
CheckBoxesリスト内の各アイテムにチェックボックスを表示します。
ColumnDragユーザーが列を並び替えれるかどうかを指定します。
ColumnHeaderHeight列見出し領域の高さ (ピクセル)
ColumnHeaderSizing列見出しのサイズ調整方法を決定します
ColumnLines列区切り線の表示
ColumnMouseOverStyleマウスオーバーで列見出しに適用するスタイル
ColumnMouseOverStylesマウスオーバーで列見出しに適用するスタイルのコレクション
ColumnPressedStyleマウスダウンで列見出しに適用されるスタイル
ColumnPressedStylesマウスダウンで列見出しに適用されるスタイルのコレクション
Columnsリスト内のすべての列のコレクション
ColumnSortArrow第一ソートの場合、列のソート矢印を表示します。
ColumnStyleマウスダウンで列見出しに適用するスタイル
ColumnStyles列見出しに適用するスタイルのコレクション
ColumnThemeDrawStyle列見出しに適用するテーマの DrawStyle の名前
ComponentClassNameコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentControlsComponentControls はコンポーネントに含まれるコントロールのコレクションです。 コンテナ (PRIM_CPST) より継承
ComponentMembersこのコンポーネントの全てにアクセスできるようにします。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentPatternNameコンポーネントのクラスを制限します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTagインスタンス用に値を格納できる汎用スペース ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeComponentType ではコンポーネントのタイプ情報にアクセスできます。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeNameComponentTypeName 十分適格なコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
CurrentItemUI のタッチまたはリスト関連のコマンドにより最後に選択されたリスト内の項目
CursorCursor のイメージを指定するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
DisplayPositionDisplayPosition に表示の位置を指定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
DragStyleDragStyle はどのようにコンポーネントがドラッグされるかを決めます。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
EnableChildrenEnableChildren は、親が有効なプロパティを設定するかどうかを指定します。 コンテナ (PRIM_CPST) より継承
EnabledEnabled はコンポーネントを使用可能/使用不可にするためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
EnterKeyStyleリスト内で Enter キー押下時にどうするかを決定します。
FixedPosition親がスクールされても移動しないよう、コントロールを固定します コントロール (PRIM_CTRL) より継承
FocusFocus はコンポーネントにフォーカスがあるかどうかを判断するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
FocusColumnリスト内のアクティブな列への参照
FocusedStyleコントロールにフォーカスがある時に適用するスタイルへの参照 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
FocusedStylesコントロールにフォーカスがある時に適用するスタイルのコレクション コントロール (PRIM_CTRL) より継承
FocusItemFocusItem はフォーカスを持つ項目を判断/設定するためのプロパティです。
Handleデスクトップ アプリケーション内の Windows ハンドルを返します コントロール (PRIM_CTRL) より継承
HeightHeight コンポーネントの高さを設定するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
HintHint はコンポーネントの記述を設定するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
HintPopupHintPopup は省略値のポップアップ テキストの代わりに ポップアップパネル (#prim_ppnl) インスタンスが利用できるようにします。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
HintShowHintShow はヒントを表示するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
HintShowOfParentHintShowOfParent はコンテナの HintShow プロパティを参照するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
HintTitleHintTitle ヒント ウィンドウの上部に強調文字で表示されるテキストを指定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
HorizontalScrollIncHorizontalScrollInc は、水平方向のスクロールバーのピクセル単位の増加量を指定します。
HorizontalScrollPosHorizontalScrollPos 水平方向のスクロールバーの位置を設定します。
IsAnimatingIsAnimating は現在コントロールがアニメーションで表示されていることを示します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
IsRealizedデザイン インスタンスが実施されると TRUE になります。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Itemsリスト内のアイテムのコレクション
ItemThemeDrawStyle項目に適用するテーマの DrawStyle の名前
KeyboardPositioningキーボード入力を基にリストがどのように位置づけられるかを決定します。
LeftLeft はコンポーネントの左側の位置を設定するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ModifiedModified はコントロールの内容が変更されていることを知らすためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ModifiedRulesModified プロパティを TRUE に設定する時を制御します。
MouseOverMouseOver マウスがコントロールの真上にあるかどうかを決定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
MouseOverPartカーソルが子コンポーネントの境界内にある場合 TRUE コンテナ (PRIM_CPST) より継承
MouseOverStyleMouseOverStyle マウスが真上にある時にコントロールに適用するスタイル (#Prim_vs.Style) を定義します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
MouseOverStylesMouseOverStyles マウスが真上にある時にコントロールに適用するスタイル集 (#Prim_vs.Style)です。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Nameコンポーネントの名前 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
NotificationStyleNotificationStyle どのようにイベントが起動されるかをコントロールします
OpacityOpacity はコントロールと背景の表示関係を表します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Ownerコンポーネントのオーナーです。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Parentこのコントロールがビジュアル的に位置しているコントロールへの参照 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
PopupPopup は通常の右クリックのポップアップ メニューの代わりにポップアップパネル (#prim_ppnl) インスタンスが利用できるようにします。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
PopupMenu右クリックで表示されるポップアップ メニューへの参照 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
PrivateStyleコントロールに適用されたが、子コントロールに継承されないスタイル コンテナ (PRIM_CPST) より継承
PrivateStylesコントロールに適用されたが、子コントロールに継承されないスタイルのコレクション コンテナ (PRIM_CPST) より継承
RotationRotation は指定の原点の周りをコントロールが回転できるようにします。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
RotationOriginLeftRotationOriginLeft はコントロールがその周りを回転する想定地点の左座標を指定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
RotationOriginTopRotationOriginTop はコントロールがその周りを回転する想定地点の上座標を指定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
RowHeight行の高さ (ピクセル)
RowLines行区切り線の表示
RowResize行のサイズ調整を許可します。
RowSizing行のサイズ調整方法を決定します。
ScaleHeightScaleHeight はコントロールのビジュアル表示で使用する高さをパーセントで示します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ScaleOriginLeftScaleOriginLeft はコントロールのサイズ調整時の想定開始地点の左座標を指定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ScaleOriginTopScaleOriginTop はコントロールのサイズ調整時の想定開始地点の上座標を指定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ScaleWidthScaleWidth はコントロールのビジュアル表示で使用する幅をパーセントで示します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ScreenLeftScreenLeft はスクリーンの左側からの距離を設定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ScreenTopScreenTop はスクリーンの上部からの距離を設定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ScrollLeftスクロールされた子コントロールの (親コントロールに対して) 左の位置 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ScrollTopスクロールされた子コントロールの (親コントロールに対して) 上の位置 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
SelectedRowCountSelectedRowCount は、いくつの行が選択されているかを表示します
SelectionStyleリストが単一選択か複数選択のいずれをサポートするか指定します。
SkewLeftSkewLeft はコントロールを水平方向に傾ける角度を定義します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
SkewOriginLeftSkewOriginLeft はコントロール傾斜時の想定開始地点の左座標を指定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
SkewOriginTopSkewOriginTop はコントロール傾斜時の想定開始地点の上座標を指定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
SkewTopSkewTop はコントロールを垂直方向に傾ける角度を定義します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
StyleStyle はコントロールに適用するスタイル (#Prim_vs.Style) を定義します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Stylesコントロールに適用するスタイルのコレクション コントロール (PRIM_CTRL) より継承
TabPositionTabPosition はフォーカスの順番を指定するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
TabStopTabStop は Tab キーによってフォーカスをもつことを設定するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ThemeDrawStyleコントロールに適用するテーマの DrawStyle の名前 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
TopTop はコンポーネントの上側の位置を設定するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
TouchMoveタッチ移動処理にコントロールがどう対応するかを決定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
TouchRotateタッチ回転にコントロールがどう対応するかを決定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
TouchScaleタッチ サイズ変更にコントロールがどう対応するかを決定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
TouchSizeコントロールをサイズ調整可能にするかどうかを決定します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
TreeButtons展開/折りたたみ状態のイメージを表示または非表示
VerticalScrollIncVerticalScrollInc は、垂直方向のスクロールバーのピクセル単位の増加量を指定します。
VerticalScrollPosVerticalScrollPos は垂直方向のスクロールバーの位置を設定します。
VisibleVisible はコンポーネントを表示/非表示するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
VisualStyleVisualStyle はコンポーネントの表示構成を設定するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
VisualStyleOfParentVisualStyleOfParent はコンテナの VisualStyle プロパティを参照するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
WidthWidth はコンポーネントの幅を設定するためのプロパティです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承

イベント

名前記述
AnimationEndedアニメーション終了時に起動します コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Cancelled
ChangedChanged イベントはコンポーネントの値が変更された時に実行されます。
CreateInstanceコンポーネントを作成する時に CreateInstance のイベントを実行します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
DestroyInstanceコンポーネントが解除される前に DestroyInstance のイベントを実行します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
DragDropDragDrop イベントはコンポーネントがドロップされる時に実行されます。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
PosX, PosY, Source, Payload, AggregatedSource, Origin, Handled, DragResult
DragOverカーソルがコントロールの上を移動するドラッグ アンド ドロップ処理中に起動されます。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
PosX, PosY, Source, Payload, DragState, AcceptDrop, DragCursor, ShowDropHilight, AggregatedSource, Origin, Handled
EndDragEndDrag はドラッグ アンド ドロップが完了した時に実行されます。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Source, Payload, DragResult, AggregatedSource, Origin, Handled
Enterコントロールで Enter キーが押下されると起動します。
KeyCode, Char, IsAltDown, IsControlDown, IsShiftDown, Handled
GotFocusGotFocus イベントはフォーカスをもつ時に実行されます。
InitializeInitialize はコンポーネントをロードする時に実行されます。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ItemChangedItemChanged イベントは項目が変更された時に実行されます。
Item
ItemClickアイテムのクリック時に起動されます。
Item
ItemCollapsedリスト内のアイテムが折りたたまれた時に起動されます。
Item
ItemDoubleClickリスト内のアイテムでユーザーがダブルクリックした時に起動されます。
Item
ItemExpandingリスト内のアイテムが展開された時に起動されます。
Item
ItemGotFocusItemGotFocus イベントは項目がフォーカスがをもつと実行されます。
Item
ItemGotSelectionItemGotSelection イベントは項目が選択された時に実行されます。
Item
ItemLostFocusItemLostFocus 他の項目がフォーカスをもつとこのイベントが実行されます。
Item
ItemLostSelectionItemLostSelection イベントは他の項目が選択された時に実行されます。
Item
ItemMouseEnterマウスがアイテムの境界に入りました。
Item
ItemMouseHoverマウスがアイテム上でホバーリングしています。
Item
ItemMouseLeaveマウスがアイテムの境界を出ました。
Item
ItemRealizingアイテムのデザイン インスタンスの実施時、通常はアイテムがビュー ポートに入ると起動されます。
Item
KeyPressキーボードでキー押下時に起動します。
KeyCode, Char, IsAltDown, IsControlDown, IsShiftDown, Handled
LostFocusLostFocus イベントは他の項目がフォーカスを持つと実行されます。
MouseEnterコントロールの境界内にマウスが入りました。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
MouseHoverマウスがコントロール上でホバリングしました。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Origin, Handled
MouseLeaveマウスがコントロールの境界から出ました。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ScrollChanged複合コントロール内のスクロールバーが移動されると起動されます。
Orientation
StartDragStartDrag はマウスをドラッグした時に実行されます。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Source, Payload, Continue, DragList, AggregatedSource, Origin, Handled
TouchChangeTouchStart と TouchEnd の境界で繰り返し起動され、タッチ イベントの詳細を提供します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
MoveLeft, MoveTop, ScaleWidth, ScaleHeight, Rotation, Continue
TouchEndユーザーのタッチが終了した時に起動します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
TouchStartユーザーにより画面に物理的な接触が最初に行われた時に起動します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Origin, TouchMove, TouchRotate, TouchScale, TouchSize

メソッド

名前記述
FadeIn非表示から表示へのアニメーション コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Duration, Delay
FadeOut表示から非表示へのアニメーション コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Duration, Delay, Visible
FindItemすべてのリスト アイテムのデザイン インターフェースで OnFind メソッドを実行します。
Result, Key, StartItem
FindReferenceRelatedReference として格納されたオブジェクトを検索します。
Result, RelatedReference, StartItem
MoveFromコントロールを指定位置から現在の位置に移動 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Left, Top, Duration, Delay
MoveTo指定されたピクセル数の移動をアニメーション化 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Left, Top, Duration, Delay
RealizeRealize は動的にコンポーネントを作成するためのメソッドです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Scaleサイズの変化をアニメーション化 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ScaleWidth, ScaleHeight, Duration, Delay
SetFocusSetFocus はコンポーネントにフォーカスをするためのメソッドです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
ShowMessagesLANSA 内部専用 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
Transitionコントロール間の変遷をアニメーション化 コンテナ (PRIM_CPST) より継承
From, To, TransitionType, Duration, Delay
UnrealizeUnrealize メソッドはコンポーネントを削除するためのメソッドです。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
UpdateDisplayUpdateDisplay メソッドは画面を直ちに更新します。 コントロール (PRIM_CTRL) より継承
VerticalScrollTo子コントロールを使用して、垂直スクロール位置を設定します。
Item, ScrollPosition

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1