PRIM_LIST.StringCurrentItem クラス (PRIM_LIST.StringCurrentItem)

現在のリスト アイテムの英数字の値へのアクセスを提供します。

祖先 - PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) ブジェクト (PRIM_OBJT)

詳細

Prim_List.String は、英数字データを表示するために使用される List 内の列です。
 
各列型には、列内の個々のエントリへのアクセスを提供する対応する Column クラスがあります。
 
各項目の入力フィールドは、他の視覚的 LANSA リストが現在の項目を使用できるように、列の現在の項目を使用して個別に変更することができます。
 
文字列は、英数字フィールドがリストにドロップされるたびに作成されます。Source プロパティは、フィールドに設定され、それが基本的な作業リストの列として使用されます。

この例は、 1 つの数字と 1 つの文字列を持つリストを示しています。
 
エントリが追加された後、数字が奇数の場合、現在の文字列の列セルは非表示になります。
Begin_Com Role(*EXTENDS #PRIM_WEB) Height(456) Width(864)
 
   Define_Com Class(#PRIM_LIST) Name(#List1) Displayposition(1) Left(16) Parent(#COM_OWNER) Tabposition(1) Top(8) Height(425) Width(809)
   Define_Com Class(#PRIM_LIST.Number) Name(#ColumnXDEMONUMB1) Displayposition(1) Increment(1) Parent(#List1) Source(#xDemoNumber) Wrap(False) Columnreadonly(False)
   Define_Com Class(#PRIM_LIST.String) Name(#ColumnXDEMOALPH1) Displayposition(2) Parent(#List1) Source(#xDemoAlpha128)
 
   Evtroutine Handling(#Com_owner.CreateInstance)
 
      Begin_Loop To(10)
 
         #xDemoNumber += 1
         #xDemoAlpha128 := #xDemoNumber.Asstring
 
         Add_Entry To_List(#List1)
         #ColumnXDEMOALPH1.CurrentItem.Visible := (#xDemoNumber.mod( 2 ) = 0)
 
 End_Loop
 
 Endroutine
 
 End_Com

プロパティ

名前記述
AutoSelectテキストを自動的に選択するためのプロパティです。
CharacterCase文字を大文字か小文字か両方を入力可能に設定するためのプロパティです。
ComponentClassNameコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentMembersこのコンポーネントの全てにアクセスできるようにします。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentPatternNameコンポーネントのクラスを制限します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTagインスタンス用に値を格納できる汎用スペース ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeComponentType ではコンポーネントのタイプ情報にアクセスできます。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeNameComponentTypeName 十分適格なコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
DisplayAlignmentフォーカスがない時に文字の表示位置を設定するためのプロパティです。
EditAlignmentフォーカスがある時に文字の表示位置を設定するためのプロパティです。
Enabledリスト アイテムの有効化または無効化 PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承
Hint現在の列/アイテムに表示されるヒント PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承
HintPopup現在の列/アイテムに表示されるポップアップ ヒント PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承
HintTitle現在の列/アイテムに表示されるヒントのタイトル PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承
MaxLength編集ボックスの最大長を設定するためのプロパティです。
MouseOverStyleマウスが現在の列/アイテム内に入った時に適用するスタイル PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承
MouseOverStylesマウスが現在の列/アイテム内に入った時に適用するスタイルのコレクション PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承
Nameコンポーネントの名前 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
NumericEditStyle挿入/上書きモードの数値データの入力スタイルをコントロールします。
Ownerコンポーネントのオーナーです。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Parentこのインスタンスが添付されているコンポーネント インスタンス。コントロールのビジュアル コンテナまたは子インスタンスのコレクション ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
PasswordCharフィールドの値を隠すために使用する文字を設定するためののプロパティです。
Popup現在の列/アイテムに表示するポップアップ PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承
ReadOnlyセルが入力に使用できるかどうかを制御します
Style現在の列/アイテムに適用するスタイル PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承
Styles現在の列/アイテムに適用するスタイルのコレクション PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承
ThemeDrawStyle列の現アイテムに適用する ThemeDrawStyle PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承
Valueコンポーネントの入力域の値を設定するために使用します。
Visibleリスト アイテムの表示または非表示 PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承

イベント

名前記述
CreateInstanceコンポーネントを作成する時に CreateInstance のイベントを実行します。 PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承
DestroyInstanceコンポーネントが解除される前に DestroyInstance のイベントを実行します。 PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承

メソッド

名前記述
SetFocusリストの currentitem にフォーカスを設定します。 PRIM_LIST.CurrentItem クラス (PRIM_LIST.CurrentItem) より継承

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1