Set コレクション (PRIM_SCOL)

重複を含むことができないコンポーネントの非順序のコレクション

祖先 - コレクション (PRIM_COLL) ブジェクト (PRIM_OBJT)

詳細

集合コレクションは、重複を許さない順序付けられたコンポーネントの集合を提供します。
 
Set コンポーネントの機能は、特定のインデックス、またはリストの先頭または末尾を参照して、性質上位置的です。 常に索引は1に対する値が付けられます。
 
Set コレクションと Array コレクションは本質的に非常に似ています。

Set コレクションを定義する。 このコレクションには、ユーザー定義の顧客データオブジェクトのインスタンスが格納されます。
Define_Com Class(#Prim_Scol<#Customer>) Name(#Customers)
コレクション項目は存在する参照か以下の新しくできた割り当てによって作られます。
#Customers.Insert((*New #Customer))
コレクションアイテムは、コレクション内の位置によってアクセスできます。
#Customers<123>.CustomerName := #CustomerName
全てのコレクション項目は次のように扱うことができます。ここでは、コレクション内のすべての顧客がプロパティ値をインクリメントしています。ここにコレクションの全ての顧客が増加したプロパティ―値を持っています。
#Customers<>.CreditLimit += 1000
FOR コマンドはコレクションコンテンツを通して、反復にも使われています。項目はコレクションに格納されたオーダーに返します。
For each(#Customer) in (#Customers)
   ...
 Endfor
コレクションのあらゆる例からのイベントをモニターチェックするために、<> EVTROUTINE を追加できます。COM_SENDER パラメータは インスタンスのイベント起動へのアクセスをします。
 
この例では、変更された顧客インスタンスのイベントが監視されます。
Evtroutine Handling(#Customers<>.Changed) Com_Sender(#Sender)
 
   #Com_owner.AddEvent(("&1 changed").Substitute(#Sender.CustomerName))
 
 Endroutine

プロパティ

名前記述
AllowsDuplicatesAllowsDuplicates は、コレクションが複製を許すかどうかを示します コレクション (PRIM_COLL) より継承
CollectsCollects プロパティにフォームを指定します。
ComponentClassNameコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentMembersこのコンポーネントの全てにアクセスできるようにします。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentPatternNameコンポーネントのクラスを制限します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTagインスタンス用に値を格納できる汎用スペース ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeComponentType ではコンポーネントのタイプ情報にアクセスできます。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeNameComponentTypeName 十分適格なコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
IsEmptyIsEmpty は、コレクション内に項目があるかどうかを示します。 コレクション (PRIM_COLL) より継承
IsOrderedIsOrdered は、コレクションが配列かどうかを示します。 コレクション (PRIM_COLL) より継承
Itemコレクション内の特定の項目へのアクセスを提供します
ItemCountItemCount はコレクション内の項目数です コレクション (PRIM_COLL) より継承
Nameコンポーネントの名前 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Ownerコンポーネントのオーナーです。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Parentこのインスタンスが添付されているコンポーネント インスタンス。コントロールのビジュアル コンテナまたは子インスタンスのコレクション ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承

イベント

名前記述
CreateInstanceコンポーネントを作成する時に CreateInstance のイベントを実行します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
DestroyInstanceコンポーネントが解除される前に DestroyInstance のイベントを実行します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
HashHash はコレクション編成のために整数値が決定された時に発生します  
Subject, Hash
IsEqualコレクションで 2 つのアイテムを比較する必要がある時起動されます
Object, Subject, Equal

メソッド

名前記述
CalculateHashCalculateHash はハッシュ値を計算します。 コレクション (PRIM_COLL) より継承
Result, Value
ContainsContains は、キーに基づき検索します。
Result, Object
CreateAccessorコレクションにリードオンリーでアクセス出来るアクセサー コンポーネントを作ります。
Result
CreateIteratorコレクション を通して繰り返しを可能にする反復子コンポーネントを作ります。
Result
FindFind メソッド は、コレクション の中の項目への参照を返します。
Result, Object
Insertコレクション に項目を追加します。
Result, Item
RemoveRemove メソッドは項目を削除します
Result, Object
RemoveAllRemoveAll はコレクションの全項目を削除します

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1