TileItem Class (PRIM_TILE.TileItem)

アイテムを含むタイルへの参照

祖先 - ブジェクト (PRIM_OBJT)

詳細

すべての LANSA ビジュアルリストコントロールは項目のコレクションを管理します。
 
項目は、基本データリストにエントリーが追加または削除されるたびに作成され、破棄されます。
 
項目は、リストのビジュアル面を操作できる手段です。

プロパティ

名前記述
ComponentClassNameコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentMembersこのコンポーネントの全てにアクセスできるようにします。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentPatternNameコンポーネントのクラスを制限します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTagインスタンス用に値を格納できる汎用スペース ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeComponentType ではコンポーネントのタイプ情報にアクセスできます。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeNameComponentTypeName 十分適格なコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Designこのアイテム用のデザイン インスタンスへの参照
Entry基になるデータリスト内の項目のエントリー数
Focusリスト内のこのアイテムがフォーカスの時 TRUE
FocusedInactiveStyleフォーカス時 (ただしコントロールにはフォーカス無し) にアイテムに適用されるスタイル。
FocusedInactiveStylesフォーカス時 (ただしコントロールにはフォーカス無し) にアイテムに適用されるスタイルのコレクション。
FocusedStyleフォーカス時にアイテムに適用されるスタイル
FocusedStylesフォーカス時にアイテムに適用されるスタイル コレクション
Imageアイテムのイメージとして使用するビットマップ
MouseOverStyleマウスオーバー時にアイテムに適用されるスタイル
MouseOverStylesマウスオーバー時にアイテムに適用されるスタイル コレクション
Nameコンポーネントの名前 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Ownerコンポーネントのオーナーです。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Parentこのインスタンスが添付されているコンポーネント インスタンス。コントロールのビジュアル コンテナまたは子インスタンスのコレクション ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
PositionCurrentItem Position プロパティ
RelatedReferenceRelatedReference は、リストのアイテムに対してオブジェクトを保管します
Selectedこの項目が現在選択されている場合 TRUE
SelectedInactiveStyle選択時 (ただしコントロールにはフォーカス無し) にアイテムに適用されるスタイル。
SelectedInactiveStyles選択時 (ただしコントロールにはフォーカス無し) にアイテムに適用されるスタイルのコレクション。
SelectedStyle選択時にアイテムに適用されるスタイル
SelectedStyles選択時にアイテムに適用されるスタイル コレクション
Styleアイテムに適用されるスタイル
Stylesアイテムに適用されるスタイル コレクション
Tileアイテムを含むタイルへの参照
VisibleVisible はコンポーネントを表示/非表示するためのプロパティです。

イベント

名前記述
CreateInstanceコンポーネントを作成する時に CreateInstance のイベントを実行します。 TileItem Class (PRIM_TILE.TileItem) より継承
DestroyInstanceコンポーネントが解除される前に DestroyInstance のイベントを実行します。 TileItem Class (PRIM_TILE.TileItem) より継承
ItemGotFocusItemGotFocus イベントは項目がフォーカスがをもつと実行されます。
Item
ItemGotSelectionItemGotSelection イベントは項目が選択された時に実行されます。
Item
ItemLostFocusItemLostFocus 他の項目がフォーカスをもつとこのイベントが実行されます。
Item
ItemLostSelectionItemLostSelection イベントは他の項目が選択された時に実行されます。
Item
ItemRealizingアイテムのデザイン インスタンスの実施時、通常はアイテムがビュー ポートに入ると起動されます
Item

メソッド

名前記述
Deleteこのアイテムを削除

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1