2.1.1 グラフィカル・エディターの作業

リポジトリからフォームにコントロールやその他のコンポーネントをドラッグし、コンポーネントのインターフェースをグラフィックで作成します。フォームは、実行中に表示されるアプリケーションのウィンドウを表します。これにより、アプリケーションの開発中にアプリケーションの外観を確認できます。

グラフィカル環境での作業は、アプリケーション作成の時間を大幅に短縮します。アプリケーションの大部分をドラッグ・アンド・ドロップで作成し、記述するコードが少ないためです。

グラフィカル環境での操作の違いを理解するために、実際に試してみましょう。Visual LANSAハードウェア・キーがない場合でも、コンポーネントを作成し、Visual LANSA作業環境を見ることができます。そのために、DEMCOM01という新しいフォームを作成します(DEMCOM01からDEMCOM10までの名前の10個のフォームやその他のコンポーネントを作成できます)。