2.3.5 RDMLプログラムとRDMLXプログラム

Visual LANSAで使用できないRDMLコマンド

イベント・ドリブン・プログラムの記述中に使用するコマンドの多くは以前と同じRDMLコマンドです。ただし、RDMLX というコマンドもあります。RDMLX コマンドは、イベント・ドリブン・プログラムでは必須です。

RDMLXコマンドは、メソッドの呼び出し、イベントとプロパティの処理に使用されます。高度な4GLコマンドがあるので、一般的なオブジェクト指向プログラミングのようには複雑ではありません。RDMLXコマンドの一部を以下に示します。

RDMLXのみ

説明

BEGIN_COMとEND_COM

コンポーネント定義(通常はフォーム)を開始および終了します。自動的に挿入されます。

DEFINE_COM

他のコンポーネントの内部にコンポーネントを定義します。自動的に挿入されます。

EVTROUTINE

イベント用ルーチンを定義します。自動的に挿入されます。

INVOKE

メソッドを呼び出します。

SET

プロパティを設定します。

DEFINE_EVT

ユーザー定義のイベントを作成します。

SIGNAL

ユーザー定義のイベントをトリガーします。

DEFINE_MAP

入出力パラメータを作成します。

DEFINE_PTY

ユーザー定義のプロパティを作成します。

MTHROUTINE

ユーザー定義のメソッドを作成します。

PTYROUTINE

ユーザー定義のプロパティを作成します。

 

BEGIN_COM、END_COM、DEFINE_COM、およびEVTROUTINEは、コンポーネントをドラッグ・アンド・ドロップしたり、イベントをクリックすると自動的にVisual LANSAエディターにより挿入されます。そのため、自分で入力する必要はありません。

SETは、RDMLXコマンドの1つで、頻繁に使用されます。

 

SET COM(#MyEditBox) TEXT('HELLO!')

 

このコマンドは、MyEditBoxのTextプロパティを'HELLO!'に設定します。

Visual LANSAで使用できないRDMLコマンド

手続き型のLANSAプログラムとイベント・ドリブン・プログラムとの性質の違いにより、Visual LANSAでは使用できないRDMLコマンドがあります。

RDMLのみ

説明

DISPLAY、REQUEST、POP_UP

Visual LANSAでは、インターフェースをグラフィックで設計します。

SET_MODE、IF_MODE

アクションは直接実行されるので、モードは必要ありません。

IF_KEY

DISPLAY、REQUEST、POP_UP操作を含みます。

MENU

コントロール操作の手続き型の転送です。

TRANSFER

コントロール操作の手続き型の転送です。このコマンドは、WAMでは使用できます。

DEF_LIST

リストの参照に使用します。リストの作業は定義済みの可能性があります。Visual LANSAでは、代わりにリスト・ビュー、グリッド、ツリー・ビューなどのリスト・タイプのコンポーネントを使用します。

All Reporting

レポートは、RDMLXでは生成できません。RDMLファンクションでレポート作成ロジックをコーディングし、RDMLXコンポーネントから呼び出します。

RENAME

クラスの名前変更の操作と競合する可能性があるので、サポートされません。

 

 次のトピックも参照してください。

2.1 コンポーネントとデスクトップ・アプリケーション概要

全ての RDML および RDMLX コマンドのリストとその使用方法については、『LANSA テクニカル リファレンスガイド』の「RDML コマンド」を参照してください。