2.14.1 再利用可能パーツを使用する理由

再利用可能パーツにより、多数の別のアプリケーションで再利用できるコンポーネントを定義することができます。迅速かつ簡単に再利用可能パーツを使用できると、以下の点で大きな利点があります。