2.15.2.1 ボタンの再利用可能パーツの作成

ボタンなどのコンポーネントから再利用可能パーツを継承する方法を見るために、パネル・タイプの再利用可能パーツ(この例ではEOEXAM20)を作成し、このパーツのAncestorをボタン(#PRIM_PHBN)にします。

継承の情報を見るには、必ずエディターの [LANSA の設定] で [拡張機能の表示] オプションが選択されていることを確認してください。

PRIM_PHBNをAncestorに設定します。

次にコンポーネントをサイズ変更し、以下のボタンのようにします。

ボタンのプロパティの設定

再利用可能パーツのすべてのプロパティを見るには、[詳細]タブを表示します。ボタンのすべてのプロパティが表示されます(Ancestorがボタンなため)。CaptionをButton Aに変更し、ButtonsをGroupプロパティに選択します。

ボタンの再利用可能パーツには、以下のキャプションが表示されます。

イベント・ルーチンの作成

最後に、クリックされたときにメッセージ・ボックスを表示するボタンのClickイベントのイベント・ルーチンを作成します。メッセージ・ボックスには、再利用可能パーツの名前が表示されます。

EVTROUTINE HANDLING(#COM_OWNER.Click)

Use Message_Box_Show (ok Ok Info 'The Button Is:'#Com_Owner.Name) (#Std_Obj)

ENDROUTINE

 

再利用可能パーツをコンパイルします。

ボタンの再利用可能パーツのソース

ボタンの再利用可能パーツのソースは、以下のようになります。

FUNCTION OPTIONS(*DIRECT)

BEGIN_COM ROLE(*EXTENDS #PRIM_PHBN) CAPTION('Button A') DISPLAYPOSITION(1) HEIGHT(28) LEFT(0) TABPOSITION(1) TOP(0) WIDTH(128)
 
EVTROUTINE HANDLING(#COM_OWNER.Click)
Use Message_Box_Show (ok Ok Info 'The Button Is:'#Com_Owner.Name) (#Std_Obj)
ENDROUTINE
 
END_COM