トラブルシューティング

Visual Basic側で必ずクラッシュする

ロックのためLANSAコンポーネントをコンパイルできない

コード例をコピーした後、Visual Basicのフォームが空になる

「Error: Method 'ConfigFile' of object 'ISession' failed」というメッセージが表示される

実行形式ファイルを作成した後、Visual Basic 6.0から起動したアプリケーションが正常に動作しなくなる

イベントが発生しないロックのためLANSAコンポーネントをコンパイルできない

Visual Basic側で必ずクラッシュする

特段の原因が思い当たらないのにVisual Basicの開発環境がクラッシュする場合、Service Pack 5をインストールすると解消することがあります。

ロックのためLANSAコンポーネントをコンパイルできない

Visual LANSAコンポーネントのコンパイルの最終段階で、「LINK: fatal error LNK1104…」というエラーが発生することがあります。これは、Visual Basicの開発環境でコンポーネントをロックしているためです。コンポーネント・ツールバーに追加するなど、このコンポーネントを参照している場合に生じます。このような場合、いったんVisual Basicを終了してからコンパイルしてみてください。

コード例をコピーした後、Visual Basicのフォームが空になる

Visual Basicのフォーム・レイアウトはソースに反映されません。そこで、

1.  「メモ帳」を使って、オブジェクトのソースをVisual Basicのフォームにコピーしてから表示します。

または

2.  例に添えられている画面キャプチャーを参照しながら、手作業でコントロールを追加します。

「Error: Method 'ConfigFile' of object 'ISession' failed」というメッセージが表示される

セッション初期化ファイル(session.cfg)が有効でないか、見つからないことが原因です。(「準備作業」を参照)パラメータが正しいかどうか、およびファイルsession.cfgに記載された情報が正しいかどうかを確認してください。

実行形式ファイルを作成した後、Visual Basic 6.0から起動したアプリケーションが正常に動作しなくなる

実行形式ファイルを作った後、Visual Basic 6.0環境からアプリケーションを起動すると動作が変わり、LANSA ActiveXコンポーネントの呼び出しに失敗します。Visual LANSAパネルが複数埋め込まれている場合、すべて同じ外観になってしまうかも知れません。これはVisual Basic 6.0に間違ってキャッシュされた情報のためです。Visual Basic 6.0をいったん終了して再起動すると解消します。

イベントが発生しない

Visual Basic 6.0は、名前に「_」(アンダースコア)が含まれるイベントを正しく扱えず、これがあるとすべてのイベントが正常に働かなくなります。次のように、Visual LANSAでActiveX属性の「Name」プロパティを変更し、再コンパイルしてください。

 

Define_Evt Name(OK_Button_Pressed)
       Attribute Class(#PRIM_ATTR.AX_EVT_MEMBER) Dispid(9) Name('OKButtonPressed')