ActiveX 例 1 - フォームの表示

この例では、ActiveXの機能により、LANSAフォームのプロパティ、イベント、メソッドを他のアプリケーションに対して公開する、基本的な手順を説明します。

この例に使われるソース・コード  

名前

タイプ

説明

AXFORMA

Visual LANSAコンポーネント

Visual LANSAソース

Project1

Visual Basicプロジェクト

プロジェクト定義

Form1

Visual Basicフォーム

Visual Basicのコード

Session.cfg

設定ファイル

セッションの設定(Session.cfg)

 

このソースコードは、「2.28.2.20 ソースコード ActiveX 例 1 - フォームの表示」を参照してください。

 

ステップ 1.Visual LANSAコンポーネントの追加

ここでは、従業員に関する詳細情報の表示に使う、ActiveX LANSAフォームを作成します。

ActiveXコンポーネントを作成する手順を以下に示します。

1.  LANSAエディターを起動し、AXFORMAという新しいコンポーネントを作成して、「Form」と入力します。

2.  「ソースコード ActiveX 例 1 - Visual LANSA のソース」に載っているソース・コードをフォームにコピーしてください。

3.  リボンで[ActiveX属性の設定]コマンドを選択します(先にコピーしたソース・コードには属性の定義がありますが、改めて同じ属性を設定しても問題ありません)。

     これでVisual LANSAコンポーネントがActiveXコントロールとして使えるようになりました。上記のコマンドの役割は、ActiveXの既存の属性設定ステートメント4つを最初に削除してみるとわかるでしょう(メニュー・オプションを選択する前のソースからのAttribute Class(#PRIM_ATTR.AX_))。

4.  フォームをコンパイルしてください。

ステップ 2.Visual Basicフォームの追加

ここではLANSA ActiveXフォームを使うVisual Basicフォームを作成します。

フォームを作成する手順を以下に示します。

1.  Visual Basicをいったん終了してください。

2.  「メモ帳」を起動し、「準備作業」で作成したフォーム(Form<n>.frm)を開きます。

3.  ソース・コードを「ソースコード ActiveX 例 1 - Visual Basic - オブジェクト」に載っているもので置き換え、保存してください。

4.  Visual Basicを起動し、「準備作業」で作成したプロジェクト(Project<n>.vbp)を開きます。

5.  フォーム(Form<n>.frm)を開きます。

6.  「ソースコード ActiveX 例 1 - Visual Basic - コード」に載っているソース・コードをフォームにコピーし、保存してください。

7.  Visual Basicのツールボックスを右クリックし、ポップ・アップ・メニューからコンポーネントを選択します。 

8.  さらに、サブ・メニューを下にスクロールし、LANSA.AXFORMAをオンにしてください。これでLANSAアイコンがツールボックスに追加されました。

10. AXFORMAアイコンをクリックし、マウス・ボタンを押したままドラッグして、フォーム上で放してください。これでLANSA ActiveXフォームがVisual Basicフォームに追加されました。

11. フォームのプロパティを表示し、名前を「AXFORMA1」から「AXFORMA」に変更してください。

     注:

12. 必要に応じ、Visual BasicのLOADルーチン(Private Sub Form_Load)にあるログインの手順を、環境に合わせて変更します。例:

      Call ConnectToLansa("user1", "mypassword", "c:\ActiveXTests\session.cfg")

 

13. Visual Basicプロジェクトを保存し、[ファイル]メニューの[Project<n>.exeの作成]コマンドでコンパイルします。

     確認のため、サンプル・データを表示してみましょう。プログラムを起動し、従業員番号を入力した後、[表示]をクリックしてください。