8.5 ACCESS_RTE_KEY

すでに組み込み関数ACCESS_RTEによって定義されているアクセス経路を通じてデータにアクセスするために使用されるフィールド名または値を指定または再指定します。

この組み込み関数を使用する前に、組み込み関数START_FILE_EDITを使用して編集セッションを開始する必要があります。

許可される引数の値および適用されるデフォルトは、『LANSA/AD ユーザーガイド』「アクセス経路明細の保守」に記載されています。

この BIF は、8.2 開発環境のみで使用される組み込み関数です。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

アクセス経路の名前

1

10

 

 

2

A

必須

アクセス経路を通じてデータにアクセスするためのキーを構成するために使用される、編集中のファイルのフィールド名またはリテラル値

1

20

 

 

3

N

任意

任意の順位番号。キー・フィールドの順位番号として使用されます。指定されない場合は、キーの順序は、表示されている順序と同じになります。

1

5

0

0

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

戻りコード

OK:アクセス・キーが定義された

ER:エラーが検出された

戻りコードが"ER"の場合は、自動的にエラー・メッセージが発行され、編集セッションは継続します。編集セッションの間、今回および以降のすべての要求において、エラーを引き起こしたアクセス経路は無視されます。

2

2