7.3 ASSIGN

Þ: 利用法の確認

これまでは、1つ以上の変数に値を割り当てる手段として、LANSAのCHANGEコマンドを使用してきましたが、これはほとんどの状況では、手間がかかりすぎる方法です。フルRDMLXでは、プログラムの中にコマンド名なしで指定できるASSIGNコマンドが用意されています。

#FULLNAME := #SURNAME.Trim + ',' + #GIVENAME.Trim 
#STD_NUM += 10
#ADDRESS1 #ADDRESS2 #ADDRESS3 := *DEFAULT
 

このコマンドの最も重要な特色は、コマンド自体とすべてのキーワードが任意指定だということです。

したがって、PRECISIONオプションとROUND_UPオプションを制御する必要がある場合には、CHANGEコマンドを使用することをお勧めします。それ以外の場合は、常にASSIGNを使用してください。

参照

7.3.1 ASSIGNのパラメータ

7.3.2 ASSIGNの使用例

                                                           任意指定       

                                                                          

    ASSIGN ------- Variables (変数リスト) --------------------->       

                                                                          

               >-- Using (演算子) ------------------------------->      

                                                                          

               >-- Expression (割り当て式) ------------->