7.7 BEGINCHECK

Þ: 利用法の確認

BEGINCHECK コマンドは、妥当性検査ブロックの開始を指定するために使用します。このコマンドは、必ずENDCHECKコマンドと組み合わせて使用します。

妥当性検査ブロック内で発生したエラー数の現行カウントを保管するフィールドもこのコマンドで指定できます。

BEGINCHECKコマンドおよびENDCHECKコマンドの詳細と使用例については、ENDCHECKコマンドのセクションを参照してください。

参照

7.7.1 BEGINCHECK のパラメータ

7.7.2 BEGINCHECK の使用例

7.10 CALLCHECK

7.17 CONDCHECK

7.19 DATECHECK

7.43 ENDCHECK

7.59 FILECHECK

7.100 RANGECHECK

7.126 VALUECHECK

                                                         任意指定

 

  BEGINCHECK --- KEEP_COUNT --- *NONE --------------------------|

                                フィールド名