14.1 @@CLR_LSTコマンド

@@CLR_LSTコマンドは、指定したリストを作成/クリアするために使用します。 

注:リストに関連するコマンドを使用する前に、事前にそのリストが@@CLR_LSTによって作成されていなければなりません。すべてのアプリケーション・テンプレートの最後ですべてのリストをクリアして、アプリケーション・テンプレートの完了時にすべての作業レコードを作業ファイルから削除することをお勧めします。

                                                         必須 

                                                                  

  @@CLR_LST ------ NUMBER ---- 数値 --------------------------| 

                               索引                              

                                                                  

                                                                  

パラメータ

NUMBER

作成/クリアするリスト番号を指定します。この番号として、1文字または2文字の数値、あるいは2文字の索引名を指定できます。索引名を指定すると、このコマンドで現在の索引値が置き換えられます。索引の設定および使用については、@@SET_IDX、@@INC_IDX、@@DEC_IDX、@@CMP_IDXコマンドのセクションを参照してください。

使用例

以下は、@@CLR_LSTコマンドの例です。

例1:リスト番号1をクリアします。

@@CLR_LST NUMBER(1)

 

例2:索引名"CF"の索引が付けられたリストをクリアします。

@@CLR_LST NUMBER(CF)