8.18 CLR_MESSAGES

RDMLプログラム待ち行列からすべてのメッセージをクリアします。

RDMLファンクションのプログラム待ち行列のメッセージは、通常、ユーザーに表示される次の画面の22/24行目に表示され、その後、自動的にクリア/削除されます。

メッセージは、オペレーティング・システム・コマンド、組み込み関数、無効なI/O要求および/またはMESSAGE、VALUECHECKなどのRDMLコマンドによってプログラム・メッセージ待ち行列に入れられている可能性があります。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

任意

イベント・ログ・メッセージのクリア(Y/N)

このオプションはVisual LANSAでのみ有効です。

デフォルトは、イベント・ログ・メッセージをクリアするYです。

1

1

 

 

 

 

戻り値

この組み込み関数には戻り値はありません。