10. システム変数および言語変数

システム変数は、よく使用される、頻繁に変化する情報や動的な情報を保管するために使用します。

システム変数はグローバルです。すなわち、すべてのLANSA区画に渡って使用される大域変数です。

LANSAのシステム変数の使用方法については、『Visual LANSA 開発者ガイド』「システム変数の考え方」を参照してください。

LANSAには、多数のシステム変数が用意されています。これらの変数のリストについては、「10.2 搭載されているシステム変数 」を参照してください。

参照

システム変数の作成方法については、以下を参照してください。

     IBM iの場合:『LANSA/AD ユーザーガイド』「新しいシステム変数を作成する」

     Visual LANSAの場合:『Visual LANSA ユーザーガイド』「システム変数」

システム変数の詳細については、「10.1 システム変数の定義」を参照してください。