12.2 日付形式

日付の組み込み関数は、以下の1つまたは複数の形式を引数または戻り値として使用することができます。関連する組み込み関数の記述は、どの形式が引数として使用され、どの形式が戻り値として使用されるかを示します。

コード

日付の形式

A

システム日付形式

B

DDMMYY

C

DD/MM/YY

D

YYMMDD

E

YY/MM/DD

F

MMDDYY

G

MM/DD/YY

H

DDMMYYYY

I

DD/MM/YYYY

J

YYYYMMDD

K

YYYY/MM/DD

L

MMDDYYYY

M

MM/DD/YYYY

N

DDMMMYY (例: 03JUL87)

O

DDMMMYYYY (例:03JUL1987)

P

DDxx MMMMMMMMM YY (例:16TH SEPTEMBER 87)

Q

DDxx MMMMMMMMM YYYY (例:16TH SEPTEMBER 1987)

R

DDD (MON、TUE、WED、など)

S

DDDDDDDDD (MONDAY、TUESDAY、WEDNESDAYなど)

T

DDDDDDDDDD (LLLLLLLLLLなど、選択されている言語での表示)

U

MMMMMMMMMM (LLLLLLLLLLなど、選択されている言語での表示)

V

8桁のシステム日付形式

W

YYMM

X

MMYY

Y

YYYYMM

Z

MMYYYY

1

CYYMMDD