16.4.4 ジョブ待ち行列モニターの追加パラメータ

x_run PROC=*STRJOBQを使用してジョブ待ち行列モニターの実行を開始する場合は、以下のパラメータの変更を選択することもできます。

QCHK=nnnn

アクティブなモニターが、ジョブの実行のために、ジョブ待ち行列ディレクトリの確認(再確認)前にどれくらい頻繁に (秒単位) 待たなければならないかを示す0から9999までの整数値で指定します。

省略値は10秒です。

QHLD=nnnn

保留ジョブ待ち行列モニターが、ジョブ待ち行列ディレクトリを開放するために、確認(再確認)する前にどれくらい頻繁に (秒単位) 待たなければならないかを、0から9999までの整数値で指定します。

省略値は30秒です。

QENC=Y

待ち行列に入れる前にジョブ詳細を暗号化します。詳細については、「16.4.7 ジョブ待ち行列詳細の暗号化」 を参照してください。