7.35 DLT_ENTRY

Þ: 利用法の確認

DLT_ENTRYコマンドは、リストから個々の項目を削除するために使用します。

指定するリストは、作業リスト(プログラム内で情報を保管するために使用)でなければなりません。ブラウズ・リスト(ワークステーションに情報を表示するために使用)に対してDLT_ENTRYコマンドを使用することはできません。

リストおよびリスト処理の詳細については、DEF_LISTコマンドのセクションを参照してください。

参照

7.35.1 DLT_ENTRY のパラメータ

7.35.2 DLT_ENTRY についてのコメント/警告

7.35.3 DLT_ENTRY の使用例

                                                        任意指定

 

    DLT_ENTRY ---- NUMBER ------- *CURRENT -------------------->

                                数値またはフィールド名     

                                                                

               >-- FROM_LIST ---- *FIRST ----------------------|

                                  リスト名