7.35.3 DLT_ENTRY の使用例

例1:明細行作業リストから3番目の項目を削除します。このリストは、プログラムで定義されている最初のリストです。

DEF_LIST   NAME(#ORDERLINE) FIELDS(#ORDLIN #PRODUCT #QUANTITY #PRICE) TYPE(*WORKING)
*    ... <entries added to the order line list via ADD_ENTRY>     
GET_ENTRY  NUMBER(3) FROM_LIST(#ORDERLINE)                   
DLT_ENTRY                                                    
 

これは以下の例と同じ結果になります。

GET_ENTRY  NUMBER(3) FROM_LIST(#ORDERLINE)                   
DLT_ENTRY  NUMBER(*CURRENT) FROM_LIST(*FIRST)                
 

これは以下の例とも同じ結果になります。

GET_ENTRY  NUMBER(3) FROM_LIST(#ORDERLINE)                   
DLT_ENTRY  NUMBER(*CURRENT) FROM_LIST(#ORDERLINE)            
 

これは以下の例とも同じ結果になります。

DLT_ENTRY  NUMBER(3) FROM_LIST(#ORDERLINE)                   
 

例2:#ORDERLINEという既存の作業リストの項目をすべて削除します。フィールド#QUANTITYの値は0以下です。

DEF_LIST   NAME(#ORDERLINE) FIELDS(#ORDLIN #PRODUCT #QUANTITY #PRICE) TYPE(*WORKING)
DEFINE     FIELD(#ENTRY) TYPE(*DEC) LENGTH(7) DECIMALS(0)
 
SELECTLIST NAMED(#ORDERLINE)
IF         COND('#QUANTITY *LE 0')
DLT_ENTRY  NUMBER(*CURRENT) FROM_LIST(#ORDERLINE)
ENDIF
ENDSELECT