8.64 EXCHANGE_ALPHA_VAR

英数字の変数/値を交換リストに入れます。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

フィールド名

1

10

 

 

2

A

必須

1

無制限

 

 

 

戻り値

この組み込み関数は値を戻しません。

このファンクションを使って、別の名前の別ファンクションに変数を交換することができます。例えば、#CODEDESというフィールドの値を交換して、そのフィールドには#DESCという別の名前を付けることができます。

********** Retrieve code description
**********
FETCH      FIELDS(#CODEDES) FROM_FILE(CDMST)
**********
********** Exchange CODEDES as DESC
**********
USE        BUILTIN(EXCHANGE_ALPHA_VAR) WITH_ARGS('DESC' #CODEDES)
CALL       PROCESS(PPPPPPPP) FUNCTION(FFFFFFF)
 

この組み込み関数はEXCHANGEコマンドの代わりに使用することもできます。例えば単純に値を変換する場合などです。

EXCHANGE   FIELDS(#VALUE)
CALL       PROCESS(PPPPPPPP) FUNCTION(FFFFFFF)
 

次のコードは機能的に同じものです。

USE        BUILTIN(EXCHANGE_ALPHA_VAR) WITH_ARGS('VALUE' #VALUE)
CALL       PROCESS(PPPPPPPP) FUNCTION(FFFFFFF)