7.54.1 EXEC_OS400 のパラメータ

COMMAND

IF_ERROR

COMMAND

ファンクション内から実行するIBM i (EXEC_OS400)コマンド文字列を指定します。指定するコマンドは、IBM提供の実行プログラムQCMDEXCから実行可能でなければなりません。

IF_ERROR

コマンドの実行時にエラーが発生した場合に実行するアクションを指定します。

デフォルト値*ABORTを指定すると、ファンクションが異常終了し、エラーの性質を示すエラー・メッセージが発行されます。

*NEXTを指定すると、制御が次のコマンドに渡されます。

*RETURNを指定すると、プログラム・メインラインでは制御が呼び出し元に戻され、サブルーチンでは制御が呼び出し元ルーチンまたはプログラム・メインラインに戻されます。

上記の値をどれも使用しない場合は、制御を渡す先の有効なコマンド・ラベルを指定してください。