8.75 FINDDATE_ALPHA

指定日付から前後"n"日目の日付を検索します。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

計算の基となる日付

1

10

 

 

2

N

必須

指定日付から前後の日数(+/-)

注:IBM i以外のシステムの場合、-214783649よりも大きく214783648よりも小さい値を設定する必要があります。それ以外の値を設定すると、致命的な実行エラーが発生します。

1

15

0

0

3

A

任意

指定日付の日付形式

デフォルトA

1

1

 

 

4

A

任意

戻り日付の日付形式

デフォルトA

1

1

 

 

 

有効な日付形式

指定日付および戻り日付の形式として有効な値は、A、B、C、D、E、F、G、H、I、J、K、L、M、V、および1です。

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

戻り日付

1

10

 

 

2

A

任意

OKかどうかを示す戻りコード(Y/N)

1

1

 

 

 

注:比較および計算を正確に実行するため、すべての日付の年は4桁でなければなりません。ユーザーが入力した年が2桁 (例:DDMMYY、YYMMDD、MMYY) の場合、システム定義データ・エリアから世紀の値が検索されます。指定された年をデータ・エリアの年と比較します。指定された年が比較年よりも小さいかまたは等しい場合、前の世紀が使われます。指定された年が比較年よりも大きい場合、後の世紀が使われます。

#DMY日付フィールドから#NUMD日後の#NXTDAT日付フィールドを検出します。日付形式は#DMYがDDMMYY (Bタイプ)、#NXTDATがYYMMDD (Dタイプ)です。

USE        BUILTIN(FINDDATE_ALPHA) WITH_ARGS(#DMY #NUMD B D)

           TO_GET(#NXTDAT)