8.98 GET_MESSAGE_LIST

必要なパラメータはメッセージ・ファイルだけです。この組み込み関数は、LX_MSGメッセージ・テーブルに格納されている後続の各メッセージ・ファイル/メッセージをリストにロードします。

言語に*ALL以外の値を指定した場合、指定した言語のメッセージのみが戻されます。

メッセージIDを指定した場合、そのメッセージIDに続くすべてのメッセージがリストに戻されます(注意:メッセージIDを指定する場合は、言語を指定する必要があります)。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

検索メッセージ・ファイル

1

10

 

 

2

A

任意

言語コード

特殊値*ALLを指定した場合はすべての言語が戻されますが、*ALL以外を指定した場合はその指定した言語のメッセージだけがリストに戻されます。

1

4

 

 

3

A

任意

メッセージID

1

7

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

L

必須

メッセージの詳細を含める作業リスト

リストは、32767エントリー数を越えてはいけません。

メッセージの詳細は次のようなフォーマットにする必要があります。

開始 - 終了   説明

1 - 4   言語

5 - 14    メッセージ・ファイル

15 - 21   メッセージID

22 - 153   メッセージ・テキスト

153

153

 

 

2

A

必須

戻されたリスト内最後の言語

1

4

 

 

3

A

必須

戻されたリスト内最後のメッセージ・ファイル

1

10

 

 

4

A

必須

戻されたリスト内最後のメッセージID

1

7

 

 

5

A

必須

戻りコード

OK = メッセージ詳細のリスト(満載または一部)が戻された。リストに戻された以上のメッセージは存在しない

OV = リスト(満載)が戻された。ただしリストに収まらなかったメッセージがさらに存在する

NR = リストは空で戻された。リストの最後のメッセージ・ファイル/メッセージIDがブランクで戻される

2

2