8.100 GET_MULTVAR_LIST

現在の言語で言語変数(*MTXT)とその値のリストを取得して、呼び出し元のRDMLファンクションに可変長の作業リストで戻します。

この BIF は、8.2 開発環境のみで使用される組み込み関数です。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

ポジショニング用の*MTXT変数。戻されるリストは、ディレクトリの中で、この引数で渡された値よりも大きく、かつ一番近い名前の*MTXT変数から始まります。

1

20

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

L

必須

*MTXT 変数の情報を含める作業リスト

リストは以下のエントリー数を越えてはいけません。
Windowsで32767項目
IBM iで9999項目

呼び出し元のRDMLファンクションは、項目の長さの合計が正確に108バイトの作業リストを提供しなければなりません。

戻されるそれぞれのリスト項目は、次のような形式にする必要があります。

開始 - 終了   説明

1 - 20   *MTXT変数名

21 - 98   現在の言語の*MTXT値

99 - 108   <<将来の拡張用>>

108

108

 

 

2

A

任意

リストの最後の*MTXT変数。通常、この値は次にこの組み込み関数を呼び出す時にポジショニング用の引数として使用されます。

1

20

 

 

3

A

任意

戻りコード

OK = *MTXT変数の詳細のリスト(満載または一部)が戻された。リストに戻された以上の*MTXT変数は存在しない

OV = リスト(満載)が戻された。ただしリストに収まらなかった*MTXT変数がさらに存在する。通常、スタイル・リストを表示する時に、この値を使ってページに次の*MTXT変数があることを示す

NR = リストは空で戻された。リストの最後の*MTXT変数がブランクで戻される

2

2

 

 

 

すべての*MTXT変数のリストを印刷します。

DEF_LIST      NAME(#MTXLST) FIELDS(#MTXNAM #MTXVAL #SPARE)       
              TYPE(*WORKING) ENTRYS(1000)      
**********    -Define the report layout-      
DEF_REPORT    PRT_FILE(QSYSPRT)      
DEF_HEAD      NAME(#HEAD01) FIELDS(#TEXT #PAGE . . . )      
DEF_LINE      NAME(#MTXPRT) FIELDS(#MTXNAM #MTXVAL)      
**********    -Set start *MTXT variable to blanks-      
CHANGE        FIELD(#MTXVAR) TO(*BLANKS)      
**********    -Get list of system variables-      
USE           BUILTIN(GET_MULTVAR_LIST) WITH_ARGS(#MTXVAR) 
              TO_GET(#MTXLST)
**********    -Process list-      
SELECTLIST    NAME(#MTXLST)      
**********    -Print *MTXT variables-      
PRINT         LINE(#MTXPRT)      
ENDSELECT            
**********    -Close printer file-      
ENDPRINT