8.110 GET_SPLF_LIST_ENTRY

この組み込み関数は、START_RTV_SPLF_LIST、END_RTV_SPLF_LISTと合わせて使用します。はじめに、START_RTV_SPLF_LISTを使用して、スプール・ファイル検索用の選択条件を提供する必要があります。指定できる選択条件は、ユーザー名、出力待ち行列名とライブラリ、フォーム・タイプ、ユーザー・データ、およびステータスです。START_RTV_SPLF_LISTを使って選択条件が確立されると、このGET_SPLF_LIST_ENTRY組み込み関数を使用してスプール・ファイルの詳細を取り込むことができます。スプール・ファイルのリストを取り込んだ後には、END_RTV_SPLF_LISTを使用する必要があります。これにより、リストをクローズして割り当てられていた記憶域を解放します。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

N

必須

開始レコード番号

START_RTV_SPLF_LISTの後に初めてこの組み込み関数を使用する場合は、1を指定する必要があります。2回目以降の呼び出しの場合は、前の呼び出しで戻された最後のレコード番号に1を加えた値を指定します。この値はゼロより大きな正数にする必要があります。

5

15

0

0

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

N

必須

戻された最後のレコード番号

このリストで最後のレコードの番号が戻されます。この値を使って、次にこの関数を使用するときの開始レコード番号を設定できます。次の呼び出しに使用する開始レコード番号は、この値に1を加えた値です。

5

15

0

0

2

L

必須

取得するスプール・ファイルの詳細を含める作業リスト。呼び出し元のRDMLファンクションは、項目の長さの合計が正確に160バイトの作業リストを提供しなければなりません。

戻されるそれぞれのリスト項目は、次のような形式にする必要があります。

開始 - 終了 説明

1 - 10   A(10) スプール・ファイル名

11 - 20   A(10) ジョブ名

21 - 30   A(10) ユーザー

31 - 36   A(6) ジョブ番号

37 - 40   A(4) スプール・ファイル番号

41 - 44   P(7,0) 総ページ数

45 - 48   P(7,0) 現在のページ

49 - 52   P(7,0) 印刷待ち部数

53 - 62   A(10) 出力待ち行列名

63 - 72   A(10) 出力待ち行列ライブラリ

73 - 82   A(10) ユーザー・データ

83 - 92   A(10) ステータス

93 - 102   A(10) フォーム・タイプ

103 - 104   A(2) 優先順位

105 - 136   A(32) 予約済み

137 - 146   A(10) 装置タイプ

147 - 160   A(14) 予約済み

160

160

 

 

3

A

任意

戻りコード

OK = リスト (満載または一部) が戻された。この選択でこれ以上のスプール・ファイルは存在しない

OV = リスト (満載) が戻された。ただしリストに収まらなかったスプール・ファイルがさらに存在する

NR = リストは空で戻された

ER = スプール・ファイルの取得中にエラーが発生した。開始レコードは無効の場合がある

2

2

 

 

 

PAYLIBライブラリのPAYOUTQ出力待ち行列のスプール・ファイルをすべて取得して、各スプール・ファイルに何らかの処理を実行します。

*********   Define arguments and lists
DEFINE     FIELD(#RETURN) TYPE(*CHAR) LENGTH(2)                     
**********                                                          
DEFINE     FIELD(#SPLF) TYPE(*CHAR) LENGTH(10)                      
DEFINE     FIELD(#JOB) TYPE(*CHAR) LENGTH(10)                       
DEFINE     FIELD(#USER) TYPE(*CHAR) LENGTH(10)                      
DEFINE     FIELD(#JOBNO) TYPE(*CHAR) LENGTH(6)                      
DEFINE     FIELD(#SPLFNO) TYPE(*CHAR) LENGTH(4)                     
DEFINE     FIELD(#TOTPAGE) TYPE(*DEC) LENGTH(7) DECIMALS(0)         
DEFINE     FIELD(#CURPAGE) TYPE(*DEC) LENGTH(7) DECIMALS(0)         
DEFINE     FIELD(#COPIES) TYPE(*DEC) LENGTH(7) DECIMALS(0)          
DEFINE     FIELD(#OUTQ) TYPE(*CHAR) LENGTH(10)                      
DEFINE     FIELD(#OUTQL) TYPE(*CHAR) LENGTH(10)                     
DEFINE     FIELD(#USERDATA) TYPE(*CHAR) LENGTH(10)                  
DEFINE     FIELD(#STATUS) TYPE(*CHAR) LENGTH(10)                    
DEFINE     FIELD(#FORM) TYPE(*CHAR) LENGTH(10)                      
DEFINE     FIELD(#PRTY) TYPE(*CHAR) LENGTH(2)                       
DEFINE     FIELD(#RESV1) TYPE(*CHAR) LENGTH(32)                     
DEFINE     FIELD(#DEVICE) TYPE(*CHAR) LENGTH(10)                    
DEFINE     FIELD(#RESV2) TYPE(*CHAR) LENGTH(14)                     
**********                                                          
DEFINE     FIELD(#START) TYPE(*DEC) LENGTH(7) DECIMALS(0) DEFAULT(0)
DEFINE     FIELD(#LASTREC) TYPE(*DEC) LENGTH(7) DECIMALS(0) DEFAULT(0)
**********                                                          
DEF_LIST   NAME(#LIST) FIELDS((#SPLF) (#JOB) (#USER) (#JOBNO) (#SPLFNO) (#TOTPAGE) (#CURPAGE) (#COPIES) (#OUTQ) (#OUTQL) (#USERDATA) (#STATUS) (#FORM) (#PRTY) (#RESV1) (#DEVICE) (#RESV2)) COUNTER(#LISTCOUNT) TYPE(*WORKING)
**********                                                          
********** Retrieve spool files on output Q PAYLIB/PAYOUTQ          
**********                                                          
USE        BUILTIN(START_RTV_SPLF_LIST) WITH_ARGS('''*ALL''' PAYOUTQ PAYLIB) TO_GET(#RETURN)
IF         COND('#RETURN = OK')                                     
**********                                                          
CLR_LIST   NAMED(#LIST)                                             
BEGIN_LOOP                                                          
USE        BUILTIN(GET_SPLF_LIST_ENTRY) WITH_ARGS(#START) TO_GET(#LASTREC #LIST #RETURN)
IF         COND('(#return = ER) *OR (#return = NR)')                
LEAVE                                                               
ENDIF                                                               
SELECTLIST NAMED(#LIST)                                             
*********                                                           
********** At this point some processing on the spool file can      
********** be done.                                                 
********** eg IBM i commands such as CPYSPLF DLTSPLF               
********** or release (RLSSPLF) all files which are currently       
********** held (have a status of *HELD)                            
**********                                                          
ENDSELECT                                                           
IF         COND('(#return = OV)')                                   
CHANGE     FIELD(#START) TO('#LASTREC + 1')                         
ELSE                                                                
LEAVE                                                               
ENDIF                                                               
END_LOOP                                                            
**********                                                          
USE        BUILTIN(END_RTV_SPLF_LIST)                               
ENDIF