7.65.4 GROUP_BY の拡張可能なグループの例

例1:他のグループから組み立てられたグループ:

GROUP_BY  NAME(#XG_GRP1) FIELDS(#A #B #C #D)
GROUP_BY  NAME(#XG_GRP2) FIELDS(#E #F #G #H)
GROUP_BY  NAME(#XG_GRP3) FIELDS(#XG_GRP1 #XG_GRP2)
 

上記の例は、以下の例と同等です。

GROUP_BY  NAME(#XG_GRP3) FIELDS(#A #B #C #D #E #F #G #H)
 

例2:共通のフィールドを共有している他のグループから組み立てられたグループ:

GROUP_BY  NAME(#XG_GRP1) FIELDS(#A #B #C #D)               
GROUP_BY  NAME(#XG_GRP2) FIELDS(#C #D #E #F)               
GROUP_BY  NAME(#XG_GRP3) FIELDS(#XG_GRP1 #XG_GRP2)        
 

上記の例は、以下の例と同等です。

GROUP_BY  NAME(#XG_GRP3) FIELDS(#A #B #C #D #E #F)
 

フィールド・リストが拡張されるときに、すでにフィールド・リストに存在するグループ#XG_GRP2内のフィールドが再度追加されることはありません。

例3:フィールド・リストでの拡張可能なグループと個々のフィールドの混在:

GROUP_BY  NAME(#XG_GRP1) FIELDS(#A #B #C)
GROUP_BY  NAME(#XG_GRP2) FIELDS(#E #F #G)
GROUP_BY  NAME(#XG_GRP3) FIELDS(#XG_GRP1 #D #XG_GRP2 #H)
 

上記の例は、以下の例と同等です。

GROUP_BY  NAME(#XG_GRP3) FIELDS(#A #B #C #D #E #F #G #H)  
 

例4:フィールド・リストでの特別な値*EXCLUDINGおよび*INCLUDINGの使用:

GROUP_BY  NAME(#XG_GRP1) FIELDS(#A #B #C #D #E)            
GROUP_BY  NAME(#XG_GRP2) FIELDS(#F #G #H #I #J)            
GROUP_BY  NAME(#XG_GRP3) FIELDS(#XG_GRP1 *EXCLUDING #D #E *INCLUDING #XG_GRP2 *EXCLUDING #J)
 

上記の例は、以下の例と同等です。

GROUP_BY  NAME(#XG_GRP3) FIELDS(#A #B #C #F #G #H #I)