7.74 IMPORT

Þ: 利用法の確認

IMPORTコマンドを使ってファンクション・ライブラリをオブジェクトに含めます。ファンクション・ライブラリはLANSA定義のprimitive型でルーチンやファンクション一式が含まれています。

IMPORTコマンドはFUNCTIONステートメントの直後、かつBEGIN_COMの直前に指定します。

関数ライブラリをインポートすると、そのライブラリに定義されているルーチンを式の中で使用できるようになります。

FUNCTION Options(*DIRECT)
* import the variant function library named #PRIM_LIBV
IMPORT Libraries(#PRIM_LIBV)
 

参照。

7.74.1 IMPORTのパラメータ

7.74.2 IMPORTの使用例

    

                                                       必須/省略可       

                                                                          

       IMPORT --- ライブラリ---- ライブラリ名のリスト ------------->