7.74.2 IMPORTの使用例

IMPORTコマンドはFUNCTIONステートメントの直後、かつBEGIN_COMの直前に指定します。以下のコマンドは、バリアント関数ライブラリをインポートします。

FUNCTION Options(*DIRECT)
* import variant library
IMPORT Libraries(#PRIM_LIBV)
 

インポートされた関数の使用方法の例です。以下のメソッドはバリアントを受け取ります。バリアントが文字列の場合、#Result Define_mapに文字列として返されます。

Mthroutine Name(Get_Variant_value)
Define_Map For(*Input) Class(*Variant) Name(#iVariant)
Define_Map For(*Result) Class(#Prim_alph) Name(#Result)
 
* Call the Varisstring function  
If (VarisString( #iVariant ))
 
#result := VarasString( #iVariant )
 
Endif
 
Endroutine