8.119 INSERT_IN_SPACE

スペース・オブジェクトにセル値一式を挿入します。他のスペース 組み込み関数についても参照してください。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須 

スペース名

1

256

 

 

2-20

w

任意 

スペースのセルに値を挿入するフィールド。使用するフィールドの名前は、セルのプロトタイピングに使用するフィールドの名前と一致させる必要はありません。スペースのセルにマッピングされるのは、この引数に指定されたフィールドの値です。

1

256

0

9

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

任意 

標準戻りコード

"OK" = セル値が正常に挿入された

"ER" = 挿入が失敗した。発行されるメッセージに失敗の原因が示される

2

2

 

 

 

技術上の注記

フィールド値はスペースに定義されたセルと同じ順序で指定する必要があります。セルは、引数の2 -> 20の順番どおりに、指定された値と合致します。使用されるフィールド名はセル・マッピングのロジックに何の関係もありません。

指定したフィールド値の数が、スペース内のセルの数よりも少ない場合、未指定のセル値には必要に応じてブランク/ゼロ/NULLが設定されます。

フィールド値がスペース内のセルの個数より多く指定された場合、超過分の値は無視されます。

指定するフィールド値は、必ず、挿入するエントリーを一意的に特定するものでなければなりません。

この例では、#EMPNO、#GIVENAME、および#SURNAMEフィールドの現在の値を、#SPACENAMEフィールドに含まれている名前のスペースに挿入します。

Use Insert_in_Space (#SpaceName #Empno #GiveName #SurName)

この例では、リテラル値をTESTという名前のスペースに挿入します。

Use Insert_in_Space (TEST A0090 'Mary' 'Jones');