8.127 JSMX_OPEN

この組み込み関数は、JSMサーバーへの接続をオープンし、JSMX_COMMAND組み込み関数でコマンドが送信されるように処理するサービス・スレッドを開始します。

JSMX_OPENはJSM接続を識別するハンドルを戻します。

サーバー引数に指定がない場合、JSMCLTDTAデータ・エリアを読み込んでJSMサーバー・ホストが取得されます。

参照:「8.123 JSM_COMMAND 」および「8.122 JSM_CLOSE

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

任意

サーバー(ホスト:ポート)、デフォルトは*BLANKS

1

50

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

U

必須

ステータス

1

20

 

 

2

U

必須

メッセージ

1

無制限

 

 

3

A

必須

接続へのハンドル

4

4

 

 

 

例1:サーバーへの接続をオープンします。サーバーはJSMCLTDTAデータ・エリアのサーバーを使います。

USE BUILTIN(JSMX_OPEN) TO_GET(#JSMSTS #JSMMSG #JSMHDNL)
 

例2:サーバーを指定して接続をオープンします。

USE BUILTIN(JSMX_OPEN) WITH_ARGS(#JSMSRV) TO_GET(#JSMSTS #JSMMSG #JSMHDNL)