1.4 フィールドの妥当性検査とトリガー

フィールド・レベルとファイル・レベルの2つのレベルで、妥当性検査とトリガーをLANSAリポジトリに保管することができます。

各レベルで妥当性検査とトリガーがどのように機能するか、また各レベル間でどのように連携するかを理解することは重要です。詳細については、『Visual LANSA開発者ガイド』「フィールドに対する妥当性規則やトリガーの定義」を参照してください。

フィールド・レベルとファイル・レベルの詳細については、「妥当性検査とトリガー」を参照してください。

次のトピックも参照してください。

1.1 フィールド・タイプ

Visula LANSA ユーザーガイド』の「フィールドの[妥当性検査トリガー]タブ