2. 妥当性検査とトリガー

妥当性検査とトリガーは、フィールド・レベルとファイル・レベルの両方で適用されます。以下の各トピックは、LANSAリポジトリのフィールドとファイルの両方に適用されます。

2.1 検査の定義

2.2 値のリストによる検査

2.3 値の範囲による検査

2.4 日付形式/範囲検査

2.5 コード・ファイル/テーブルの存在検査

2.6 簡易ロジック検査

2.7 複雑ロジック検査

2.8 トリガー

さらに、次のトピックも参照してください。

フィールド

ファイル

Visual LANSA開発者ガイド』「ファイルに対する妥当性規則やトリガーの作成」

Visual LANSA ユーザーガイド』「フィールドの[妥当性検査トリガー]タブ」

Visual LANSA ユーザーガイド』「ファイルの[妥当性検査トリガー]タブ」