1.2.18 [出力属性]

出力フィールド属性タイプ

ファンクションまたはフォームで出力に使用するフィールドの表示形式を指定します。

ルール

使用が許される値は1.1 フィールド・タイプにより異なります。出力属性は以下のグループに分けられます。

出力属性

フィールドがファンクションまたはフォームの出力フィールドとして使用される場合に、フィールドを表示するためのフィールド属性を指定します。

ルール

共通属性

共通属性で使用できる値は以下のとおりです。

属性

説明/コメント

ASQN

*SQLNULLの値を設定可能

BL

明滅表示

CBOX

フィールド値をGUI WIMPチェックボックスで表示

CDTX

レコードを最後に作成または更新した日付(*SYSFMT8)に設定

CS

欄の区切り線の表示

CYDX

レコードを最後に作成または更新した日付(CCYYMMDD)に設定

DATX

レコードを最後に作成または更新した日付(*SYSFMT)に設定

DUTC

UTC で表示。DateTimeのみ

FUNX

レコードを作成または最後に更新したLANSAファンクションまたはコンポーネントの名前に設定

HI

高輝度表示

ISO

ISO形式で表示。Date、Time、およびDateTimeのみ

JNMX

レコードを最後に作成または更新したジョブ名に設定*

JNRX

レコードを最後に作成または更新したジョブ番号に設定*

ND

非表示(非表示フィールド)

PROX

レコードを最後に作成または更新したLANSAプロセス名に設定

RA

レコードの自動前進フィールド

SBIN

Binary形式で保存。これは、PackedまたはSignedが埋め込まれたフィールドを含める必要のあるフィールド用に提供される特別属性です。『LANSA アプリケーション設計ガイド』(16進数値、属性、非表示/組み込み10進データの使用) を参照してください。

SREV

反転形式で保存。この特別属性は、左から右、または右から左の方向で記述する言語に提供されます。『LANSA 複数言語 アプリケーション設計ガイド』の「SREVフィールド属性」を参照してください。

SUNS

Integerの値を符号なしBinaryの値で保存

SUNI

Unicodeで保管。これは、コード・ページ変換によってデータを失うことなくさまざまな言語のデータをデータベースに保管することのできる特別な属性です。新しいフィールドには、SUNI属性を追加するよりも、NCharやNVarCharのフィールド・タイプをお勧めします。

SUTC

UTC でデータベースに保管。Datetimeのみ

TCDX

レコードを最後に作成または更新した日付/時刻(HHMMSS+*SYSFMT8)に設定

TDSX

レコードを最後に作成または更新した日付/時刻(HHMMSS+*SYSFMT)に設定

TIMX

レコードを最後に作成または更新した時刻(HHMMSS)に設定

TYDX

レコードを最後に作成または更新した日付/時刻(HHMMSSYYMMDD)に設定

Urxx

フィールドをユーザー定義レポート属性に割り当てる(URxx)。プリンター・ファイルのIBM i DDSステートメントへのアクセスを提供します。

 

SAA/CUA属性 - ファンクションのみ

SAA/CUA 属性(ファンクションのみ)で使用できる値は以下のとおりです。

属性

説明/コメント

ABCH

アクション(メニュー)バーまたはプルダウンの選択項目

FKCH

ファンクション・キーの情報

PBBR

括弧

PBCE

入力不可のフィールド(強調)

PBCH

メニューに表示される選択項目

PBCM

フィールド・ヘッダー

PBCN

入力不可のフィールド(標準)

PBEE

入力可能のフィールド(強調)

PBEN

入力可能のフィールド(標準)

PBET

強調のテキスト

PBFP

フィールドのプロンプト/ラベル/記述の詳細

PBGH

グループ見出し

PBIN

ユーザーへの説明

PBNT

標準のテキスト

PBPI

画面の識別子

PBPT

画面のタイトル

PBSC

最後にメニューから選択された項目

PBSI

スクロール情報

PBSL

区切り線

PBUC

使用不可の選択項目

PBWB

ポップアップ・ウィンドウの境界

 

色 - ファンクションのみ

色で使用できる値は以下のとおりです。 (ファンクションのみ)

属性

説明/コメント

BLU

青色表示

GRN

緑色表示

PNK

ピンク色表示

RED

赤色表示

TRQ

青緑色表示

WHT

白色表示

YLW

黄色表示

 

レコード・スタンプ - 作成

レコード・スタンプ (作成) で使用できる値は以下のとおりです。

属性

説明/コメント

CDTC

レコード゙を作成した日付(*SYSFMT8)に設定

CYDC

レコードを作成した日付(CCYYMMDD)に設定

DATC

レコードを作成した日付(*SYSFMT)に設定

FUNC

レコードを作成したLANSAファンクションまたはコンポーネントの名前に設定

JNMC

レコードを作成したジョブ名に設定*

JNRC

レコードを作成したジョブ番号に設定*

PROC

レコードを作成したLANSAプロセス名に設定

TCDC

レコードを作成した日付/時刻(HHMMSS+*SYSFMT8)に設定

TCYC

レコードを作成した日付/時刻 (YYYY-MM-DD HH:MM:SS) に設定

TDSC

レコードを作成した日付/時刻(HHMMSS+*SYSFMT)に設定

TIMC

レコードを作成した時刻(HHMMSS)に設定

TYDC

レコードを作成した日付/時刻(HHMMSSYYMMDD)に設定

USRC

レコードを作成したユーザー名に設定*
*LONG_USER_AUDIT が有効で SET_SESSION_VALUE USER_AUDITが設定されている場合は、ユーザー名は監査ユーザー (256 文字まで) となります。それ以外の場合は、現在のユーザー名が使用されます。 
*LONG_USER_AUDIT が無効で SET_SESSION_VALUE USER_AUDITが設定されている場合は、ユーザー名は監査ユーザー (10 文字まで) となります。それ以外の場合は、現在のユーザー名が使用されます。

YMDC

レコードを作成した日付(YYMMDD)に設定

 

レコード・スタンプ作成 - 作成と更新

作成と更新で使用できる値は以下のとおりです。

属性

説明/コメント

CDTX

レコードを最後に作成または更新した日付(*SYSFMT8)に設定

CYDX

レコードを最後に作成または更新した日付(CCYYMMDD)に設定

DATX

レコードを最後に作成または更新した日付(*SYSFMT)に設定

FUNX

レコードを作成または最後に更新したLANSAファンクションまたはコンポーネントの名前に設定

JNMX

レコードを最後に作成または更新したジョブ名に設定*

JNRX

レコードを最後に作成または更新したジョブ番号に設定*

PROX

レコードを最後に作成または更新したLANSAプロセス名に設定

TCDX

レコードを最後に作成または更新した日付/時刻(HHMMSS+*SYSFMT8)に設定

TCYX

レコードを最後に作成または更新した日付/時刻 (YYYY-MM-DD HH:MM:SS) に設定

TDSX

レコードを最後に作成または更新した日付/時刻(HHMMSS+*SYSFMT)に設定

TIMX

レコードを最後に作成または更新した時刻(HHMMSS)に設定

TYDX

レコードを最後に作成または更新した日付/時刻(HHMMSSYYMMDD)に設定

USRX

レコードを最後に作成または更新したユーザー名に設定*
*LONG_USER_AUDIT が有効で SET_SESSION_VALUE USER_AUDITが設定されている場合は、ユーザー名は監査ユーザー (256 文字まで) となります。それ以外の場合は、現在のユーザー名が使用されます。
*LONG_USER_AUDIT が無効で SET_SESSION_VALUE USER_AUDITが設定されている場合は、ユーザー名は監査ユーザー (10 文字まで) となります。それ以外の場合は、現在のユーザー名が使用されます。

YMDX

レコードを最後に作成または更新した日付(YYMMDD)に設定

 

レコード・スタンプ  - 更新

レコード・スタンプで使用できる値は以下のとおりです。

属性

説明/コメント

CDTU

レコードを最後に更新した日付(*SYSFMT8)に設定

CYDU

レコードを最後に更新した日付(CCYYMMDD)に設定

DATU

レコードを最後に更新した日付(*SYSFMT)に設定

FUNU

レコードを最後に更新したLANSAファンクションまたはコンポーネントの名前に設定

JNMU

レコードを最後に更新したジョブ名に設定*

JNRU

レコードを最後に更新したジョブ番号に設定*

PROU

レコードを最後に更新したLANSAプロセス名に設定

TCDU

レコードを最後に更新した日付/時刻(HHMMSS+*SYSFMT8)に設定

TCYU

レコードを最後に更新した日付/時刻 (YYYY-MM-DD HH:MM:SS) に設定

TDSU

レコードを最後に更新した日付/時刻(HHMMSS+*SYSFMT)に設定

TIMU

レコードを最後に更新した時刻(HHMMSS)に設定

TYDU

レコードを最後に更新した日付/時刻(HHMMSSYYMMDD)に設定

USRU

レコードを最後に更新したユーザー名に設定*
*LONG_USER_AUDIT が有効で SET_SESSION_VALUE USER_AUDITが設定されている場合は、ユーザー名は監査ユーザー (256 文字まで) となります。それ以外の場合は、現在のユーザー名が使用されます。
*LONG_USER_AUDIT が無効で SET_SESSION_VALUE USER_AUDITが設定されている場合は、ユーザー名は監査ユーザー (10 文字まで) となります。それ以外の場合は、現在のユーザー名が使用されます。

YMDU

レコードを最後に更新した日付(YYMMDD)に設定

 

GUI属性 - ファンクションのみ

GUI属性 (ファンクションのみ) で使用できる値は以下のとおりです。

属性

説明/コメント

CBOX

フィールド値をGUI WIMPチェックボックスで表示

DDxx

ドロップダウン**

フィールドを対応するGUI WIMPコンストラクトで表示

PBnn

プッシュ・ボタン**

RBnn

ラジオ・ボタン**

 

UDリポート属性 - ファンクションのみ

UD リポート属性 (ファンクションのみ) で使用できる値は以下のとおりです。

属性

説明/コメント

Urxx

xxはブランク以外のあらゆる英数字の組み合わせ

 

警告

ヒントとテクニック

プラットフォームについて

次のトピックも参照してください。

1.2.17 [入力属性]