1.1.19 Boolean

Booleanフィールドに可能な値は、False (0) または True (1)の2つだけです。

一般的な事柄については、「1.1.1 フィールド・タイプについて」を参照してください。

フィールド定義の規則

Booleanフィールドをリポジトリに定義するときの規則は以下のとおりです。

長さ

長さ指定は不可です。小数はありません。

有効な鍵盤シフト

ブランク

許容される属性

ASQN

編集オプション

不可

デフォルト

*NULL (False)

フィールド定義の注意事項

使用規則

区画タイプ

RDMLX使用可能区画

ファイル

BooleanはRDMLXファイルでのみ使用することができます。Booleanは ASQN 属性が削除された場合、キー・フィールドとして使用することができます。

論理ビュー

Booleanは ASQN 属性が削除された場合、論理ビューのキーとして使用することができます。BooleanはCOMP() EQ/NE 'True' または 'False' のSelect/Omit条件で使用することもできます。

仮想フィールド

Booleansは仮想フィールドとして使用可能です。コード・フラグメントを使った値のみ適用できます。

事前結合フィールド

Booleansは検索事前結合フィールドに使用することができます。

RDML コマンド

Booleansは独自タイプに分類されます。RDMLコマンドの数値または英数字コマンド・パラメータには無効です。

組み込み関数

Booleansは独自タイプに分類されます。RDMLコマンドの数値または英数字コマンド・パラメータには無効です。

特殊値

*NULL、*NAVAIL、*HIVAL、*LOVAL、*REMEMBERED_VALUE

変換

Booleansフィールドは、Alpha、Integer、Signed、Packed、String、またはCharに変換することができます。数値変換では、Falseは0に、Trueは1になります。文字/文字列変換では、ターゲットに"False" または"True"の文字が入れられます。「フィールド・タイプ変換」を参照してください。

使用に関する注意事項

プラットフォームについて