2.7.5 複雑ロジック検査の例

以下の例は、複雑ロジック検査機能の使用方法を説明したものです。

必要な検査

指定されたプログラム

追加のパラメータ

フィールドDATDUEをプログラムDATECHECKに渡して、妥当性検査を行う

DATECHECK

none

フィールドDATDUEをプログラムINVCHECKに渡して、妥当性検査を行う。フィールドINVNUMとCOMPNOも渡す

INVCHECK

INVNUM

COMPNO

フィールドTAXCDEをプログラムTAXCHECKに渡して、妥当性検査を行う。税率7も、小数点以下3桁のパラメータとして指定する

TAXCHECK

7.000

または+7.000

または07.000

 

CALLCHECK コマンドを使用したインライン妥当性検査の例については、CALLCHECK の使用例を参照してください。

Ý 2.7 複雑ロジック検査