4.1 コンポーネントの概念

Visual LANSAでは、LANSAリポジトリが拡張され、フィールドとファイルだけでなく、コンポーネントも保管されます。このオブジェクト指向のコンポーネント・モデルは、ユーザー・センタードのイベント・ドリブン・アプリケーションの基礎を提供します。ただし、Visual LANSAでは、オブジェクト指向プログラムは簡単な方法で実装され、開発者は生産性とビジネスの目標に重点を置くことができます。

コンポーネントとは、プロパティ、イベント、およびメソッドをサポートするプログラミング・オブジェクトのことです。LANSAコンポーネントは、 LANSAリポジトリに保管されます。コンポーネントを使用して、イベント駆動型のアプリケーションを作成します。

Visual LANSAには、ユーザーが定義できるさまざまな「4.3 コンポーネントのタイプ」があります。最も一般的なコンポーネントは、アプリケーションの個々のウィンドウに対応する「4.3.1 フォーム 」です。「4.3.2 再利用可能パーツ 」の各パーツには、フォーム(または他の再利用可能パーツ)で再利用することができるコントロールとコードが含まれています。

プロパティ

すべてのVisual LANSAコンポーネントは、自分の特性を定義するプロパティを持ちます。大部分のプロパティは、サイズ、色、表示するかどうかなどの画面にコンポーネントが表示される方法を処理します。アプリケーションの設計時に、またはアプリケーションの実行中にプログラムでプロパティを設定できます。多くの場合は、デフォルトのプロパティ値を変更する必要はありません。

イベント

イベントは、発生するまたは行われるものです。通常、イベントは、ユーがーが行う何らかの操作です。最も一般的なイベントはクリック(ユーザーがコンポーネントをマウスでクリックする)です。例えば、印刷ボタンを定義し、ボタンのクリック・イベントで何かを印刷するコードを記述できます。アプリケーションの実行中に、ユーザーが印刷ボタンをクリックするたびに印刷ルーチンが実行されます。

メソッド

メソッドは、コンポーネントに何かをするように指示します。例えば、フォームを表示するためには、次のように ShowForm メソッドを使用します。

 

INVOKE #FormB.ShowForm

 

カスタム・メソッドを定義してコンポーネントに処理を実行させることもできます。

以下も参照してください。

4.2 コンポーネントの定義

4.3 コンポーネントのタイプ

4.4 コンポーネントのヘルプ・テキスト

Visual LANSA ユーザーガイド』の「コンポーネントとファンクションの編集

Ý 4. コンポーネント