4.4 コンポーネントのヘルプ・テキスト

コンポーネントのヘルプ・テキストは、コンポーネント定義内に保管することができ (「DEFINE_COM」を参照)、また、フィールド、ファンクション、およびプロセスの各ヘルプと同様に、リポジトリに保管することもできます。

ヘルプ・テキストとは、アプリケーションが(ヘルプキーまたは同等の要求を使用して)ヘルプを要求した場合に、ユーザーに表示される情報のことです。ヘルプ・テキストは、区画に指定された各言語で入力することができます。

ヘルプ・テキストとは、アプリケーションが(ヘルプキーまたは同等の要求を使用して)ヘルプを要求した場合に、ユーザーに表示される情報のことです。ヘルプ・テキストは、区画に指定された各言語で入力することができます。

ヘルプ・テキストには、一般に以下の特性があります。

LANSAは、アプリケーション内のヘルプ・プロセスの処理を自動的にコントロールします。LANSAは、必要なヘルプのタイプ(フィールド、コンポーネント、プロセス、またはファンクション)を自動的に判定して、(存在する場合は)関連するヘルプ・テキストを自動的に表示します。

以下も参照してください。

『Visual LANSA 開発者ガイド』の「リポジトリ・ヘルプ・エディタ

『LANSA テクニカル リファレンスガイド』 (このガイド)

代替変数/制御値

代替値/制御値 - Visual LANSAのみ

ヘルプ・テキストの属性

Ý 4. コンポーネント