4.5.2 [生成されたソースの保持]

このオプションを選択して、生成されたソース・コードを保持します。省略時のオプションは、ソース・コードを保持しません。

ソース・コードは、生成されるオブジェクトがMicrosoft Windows以外のプラットフォーム上で実行される場合に保管する必要があります。また、必要時、元のVisual LANSA開発環境が保持される場合は生成される可能性がありますが、完全なダンプ・ファイルを得るためにも必要です。

ソース・コードが、その次の(再)コンパイルのために別のマシンに移動される場合は、このオプションを使用する必要があります。

保持されるソース・コードには、以下のものがあります。

Ý 4.5 コンポーネント・コンパイル・オプション