[XSL の生成]

このオプションは、Webアプリケーション・モジュールの入力のXMLとXSLスタイル・シートの両方を生成する場合に選択します。このオプションを選択しない場合は、入力のXMLのみがWebアプリケーション・モジュールのWebRoutine用に生成されます。

XSLを生成するよう選択すると、XSLの生成をすべてのWebroutineに対して行うか、既存のXSLスタイルシートを持たない新しいWebroutineに対してのみ行うかを選択することができます。デフォルトでは、新しいWebroutineに対してのみXSLを生成します。

Ý 4.5.4 Web Application Module オプション