6.3.3 [実行時プロンプト]

プロセスのメイン・メニューからコマンドを使用する際に、コマンドを「プロンプト」表示するかどうかを指定します。

この値は、IBM i でのみ使用されます。このオプションを選択した場合は、コマンドが実行前にプロンプト表示されます。 使用時に表示されるプロンプトは、標準のIBM CLコマンド形式のプロンプトです。詳細については、IBM提供の該当のマニュアルを参照してください。

次のトピックも参照してください。

Visual LANSA開発者ガイド』の「特殊エントリーの概念