15.5 外部リソースのコンテンツ・タイプ

任意。

外部リソースにテキストデータが含まれるかバイナリデータが含まれるかを指定します。テキストデータの場合には、エンコーディングを指定する必要があります

: エンコーディングの情報は、現在のところIBM i にて抽出する際に正しいCCSIDを提供するためにだけ使用されます。

さらに、次のトピックも参照してください。

『Visual LANSA ユーザーガイド』の「外部リソースの作成

Ý 15. 外部リソースの定義