14.9 @@LABELコマンド

@@LABELコマンドは、他のアプリケーション・テンプレート・コマンドと組み合わせて使用し、アプリケーション・テンプレート・コマンドの実行やRDMLコードの生成を制御するためのラベルを指定します。

このコマンドの詳細と使用例については、@@IF、@@GOTO、@@CMP_IDXなどのコマンドのセクションを参照してください。

                                                                  

                                                                  

  @@LABEL ------ パラメータはありません ---------------------------------| 

                                                                  

                                                                  

使用例

以下は、@@LABELコマンドの例です。

例1:質問に対する回答が"NO"の場合、ラベルに分岐し、何らかのRDMLコードの生成を省略します。

     @@IF     COND((*IF @@CANS001 *EQ NO)) GOTO(LB1)

     Some RDML code

         .

         .

         .

LB1:@@LABEL

 

例2:索引値が、選択された最大のファイル番号より大きい場合、フィールド・リストの作成を終了します。

A10:@@LABEL

     @@CMP_IDX IDX_NAME(CF) IDX_VALUE(@@TFMX) IS_GT(A20)

     @@RTV_FLDS .....

     @@INC_IDX  .....

     @@GOTO     LABEL(A10)

A20:@@LABEL