7.128.2 WEBROUTINEの使用例

例えば、すべてのユーザーが、ファイル内の従業員を検索し、検索リストから従業員を選択して、従業員の詳細を表示するWAMを作成することができます。以下の3つの WebRoutineが定義できます。

FUNCTION OPTIONS(*DIRECT)
BEGIN_COM ROLE(*EXTENDS #PRIM_WAM)
 
WEBROUTINE NAME(SearchQuery)DESC('Search Criteria')
ENDROUTINE
 
WEBROUTINE NAME(Browse)DESC('Browse Employees')
ENDROUTINE
 
WEBROUTINE NAME(Details)DESC('Details') SERVICENAME(EmpDetails)
ENDROUTINE
 

WEBROUTINE NAME(Send_Sample) DESC('Sample Document') RESPONSE(#HTTPR)
ENDROUTINE

WEBROUTINE NAME(Update) DESC('JSON response') RESPONSE(*JSON)
END_COM
 

URLにサービス名キーワード(他のキーワードはなし)を指定するだけで、WEBROUTINEのDetailsをブラウザーから呼び出すことができます。

http://localhost/cgi-bin/lansaweb?srve=EmpDetails 
 

データを各WEBROUTINEへマッピングする方法については、「7.127.2 WEB_MAPの使用例 」を参照してください。