11.3.6 VarIsBoolean

VarIsBooleanは、Subjectバリアントをブール値に変換できる場合にブール値のTrueを返し、そうでない場合にブール値のFalseを返します。

VarIsBoolean( Subject )
 

以下は、変数がブール値であるかどうかを確認するプロパティ・ルーチンです。

Ptyroutine Name(Set_uSignalSelection)
Define_Map For(*input) Class(*variant) Name(#lcVariant)

If Cond(VarIsBoolean( #lcVariant ) *EQ True)
Execute Subroutine(FP_SETB) With_Parms(#USE_NAME uSignalSelection 1 #USE_OCUR #lclVariant.Boolean)
Else
Execute Subroutine(FP_SET) With_Parms(#USE_NAME uSignalSelection 1 #USE_OCUR #LCLVARIANT.String)
Endif
 

Ý 11.3 バリアントの処理