14.10 @@MAK_LSTSコマンド

@@MAK_LSTSコマンドは、ユーザーが選択したフィールドからリストを作成するために使用します。作成されるリストは、このコマンドの実行前に自動的にクリアされます。

ユーザーには、必要なすべてのフィールドを選択するためのフィールド選択リスト(指定された他のリストから作成)が表示されます。フィールドの選択および事前選択の方法は、INTO_LSTSパラメータで決まります。FORCE_LSTSパラメータが指定されている場合、ユーザーは、このリスト内のフィールドをすべて選択する必要があります。

                                                         必須 

                                                                  

  @@MAK_LSTS ---- FROM_LSTS ----- nn ---------------------------> 

                             |           |                        

                              -- 最大5 --                         

                                                                  

 -----------------------------------------------------------------

                                                         任意 

                                                                  

             >--- FORCE_LSTS ---- nn ---------------------------> 

                                                                  

                                                                  

             >--- INTO_LSTS -- nn -- 欄見出し1 -- 欄見出し2 ----> 

                            |                                  |  

                            |                                  |  

                            |-- 欄見出し3 -- *YESNO-- *NO ----> 

                            |               *SEQUENCE   *ALL   |  

                            |                           *FORCE |  

                             --------- 最大2 -------------------  

                                                                  

             >--- HELPIDS ---- ヘルプ・パネル識別子 ----------| 

                             |                          |         

                             -------- 最大10 -----------          

                                                                  

パラメータ

FROM_LSTS

選択のためのフィールド・リストを作成する基となるリスト番号を指定します。これらのリスト番号は、@@RTV_FLDSまたは@@MAK_LSTSコマンドによって事前に作成されている必要があります。この番号として、1文字または2文字の数値、あるいは2文字の索引名を指定できます。索引名を指定すると、このコマンドで現在の索引値が置き換えられます。索引の設定および使用については、@@SET_IDX、@@INC_IDX、@@DEC_IDX、@@CMP_IDXコマンドのセクションを参照してください。

FORCE_LSTS

ユーザーが選択すべきすべてのフィールドが保持されたリスト番号(事前に@@RTV_FLDSまたは@@MAK_LSTSコマンドで作成)を指定します。この番号として、1文字または2文字の数値、あるいは2文字の索引名を指定できます。索引名を指定すると、このコマンドで現在の索引値が置き換えられます。索引の設定および使用については、@@SET_IDX、@@INC_IDX、@@DEC_IDX、@@CMP_IDXコマンドのセクションを参照してください。

INTO_LSTS

選択されたフィールドから作成するリストを指定します。このパラメータは以下の部分から成ります。

HELPIDS

このアプリケーション・テンプレートで使用する最大10個のヘルプ・パネル識別子を指定します。これらのヘルプ・パネルは、ユーザーが[ヘルプ]ファンクション・キーを押したときに、全画面のヘルプとして表示されます。

使用例

以下は、@@MAK_LSTSコマンドの例です。

例1:一次ファイル内の更新できないフィールドを選択するようユーザーに要求します。フィールドの選択は、任意の非ブランク文字で行えます。

@@MAK_LSTS FROM_LSTS(2) INTO_LSTS((5 'Fields that' 'Cannot be'

          'Updated' *YESNO *NO)) HELPIDS(HELP010 HELP020)

 

例2:データ入力パネルに表示するフィールドを選択するようユーザーに要求します。ファイルのキーは強制的に選択されます。フィールドは、順序番号で順序を設定することができます。また、すべてのフィールドは事前に選択されています。

@@MAK_LSTS FROM_LSTS(1) FORCE_LSTS(3) INTO_LSTS((4 'Fields to'

          'Appear on' 'Add Panel' *SEQUENCE *ALL))