8.143 MAKE_FILE_OPERATIONL

ファイルおよび関連する論理ファイルとI/Oモジュールを作成または再作成するジョブを投入します。

この BIF は、8.2 開発環境のみで使用される組み込み関数で使用される特殊 BIF です。

 

引数 for Visual LANSA

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

ファイル名

1

10

 

 

2

A

必須

ライブラリ名

1

10

 

 

3

A

任意

ファイルがすでに作成済みの場合の再作成オプション

バイト 1:
Y = テーブルを再生成してデータを保存する
N = テーブルを再生成しない
デフォルト: Y

バイト 2:
Y = 索引/ビューを再生成する
N = 索引/ビューを再生成しない
デフォルト: Y

バイト 3:
Y = OAM を再生成する
N = OAM を再生成しない
デフォルト: Y

1

3

 

 

4

A

任意

ジョブの名前

無視

1

10

 

 

5

A

任意

ジョブ記述の名前

無視

1

21

 

 

6

A

任意

ジョブ待ち行列の名前

無視

1

21

 

 

7

A

任意

出力待ち行列の名前

無視

1

21

 

 

8

A

任意

ファイルとI/Oモジュールのソース・リストを作成する

Y = ソースを保持する
N = ソースを保持しない

1

1

 

 

9

A

任意

関連I/Oモジュールで10進データ・エラーを無視する

無視

1

1

 

 

10

A

任意

関連I/Oモジュールでデバッグ・データ・オプションを解除する

無視

1

1

 

 

11

A

任意

呼び出すユーザー・プログラム

無視

1

21

 

 

12

A

任意

$$ ファイルを削除する(保存データの保持に使用)

Y = 保存データを保持する

N = 保存データを保持しない

デフォルト: N

1

1

 

 

 

 

LANSA/ADの引数

詳細については、『LANSA/AD ユーザーガイド』の「ファイル定義を実行可能にするジョブを投入する」に掲載のこの定義からファイルを作成/再作成する画面を参照してください。

 

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

ファイル名

1

10

 

 

2

A

必須

ライブラリ名

1

10

 

 

3

A

任意

ファイルがすでに作成済みの場合の再作成オプション

バイト1:
Y = テーブルを再作成する
N = テーブルを再作成しない
デフォルト:Y

バイト2:
Y = 索引を再作成する
N = 索引を再作成しない
デフォルト:Y

バイト3:
Y = OAMを再生成する
N = OAMを再生成しない
デフォルト:Y

1

3

 

 

4

A

任意

バッチ・ジョブの名前

デフォルト:ファイル名

1

10

 

 

5

A

任意

ジョブ記述の名前

デフォルト:要求するジョブの属性からのジョブ記述

1

21

 

 

6

A

任意

ジョブ待ち行列の名前

デフォルト:要求するジョブの属性からのジョブ待ち行列

1

21

 

 

7

A

任意

出力待ち行列の名前

デフォルト:要求するジョブの属性からの出力待ち行列

1

21

 

 

8

A

任意

ファイルとI/Oモジュールのソース・リストを作成する

Y = リストを作成する

N = リストを作成しない

デフォルト:N (リストを作成しない)

1

1

 

 

9

A

任意

関連I/Oモジュールで10進データ・エラーを無視する

Y = 10進データ・エラーを無視する

N = 10進データ・エラーを無視しない

デフォルト:N (10進データ・エラーを無視しない)

1

1

 

 

10

A

任意

関連I/Oモジュールでデバッグ・データ・オプションを解除する

Y = デバッグ情報を解除する

Y = デバッグ情報を解除しない

デフォルト:Y (デバッグ情報を解除する)

1

1

 

 

11

A

任意

呼び出すユーザー・プログラム。デフォルト:ブランク

1

21

 

 

12

A

任意

$$ ファイルを削除する

Y = $$バージョンのファイルを削除する

N = $$バージョンのファイルを削除しない

デフォルト:N ($$バージョンのファイルを削除しない)

1

1

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

戻りコード

OK = 送信が成功した

ER = 引数の詳細が無効であるか、権限上の問題が発生した

"ER" の場合は、戻りコード・エラー・メッセージが自動的に発行されます。

2

2

 

 

 

ユーザーが独自バージョンの「ファイルの作成/再作成」機能を使用して、ファイルおよび関連する論理ビューとI/Oモジュールのコンパイルを管理する場合は、次のように行います。

FUNCTION  OPTIONS(*DIRECT)
 
********** Define arguments and lists
DEFINE    FIELD(#FILNAM) TYPE(*CHAR) LENGTH(010)
DEFINE    FIELD(#LIBNAM) TYPE(*CHAR) LENGTH(010)
DEFINE    FIELD(#RETCOD) TYPE(*CHAR) LENGTH(002)
BEGIN_LOOP 
********** Request File and library name
REQUEST   FIELDS((#FILNAM)(#LIBNAM))
USE       BUILTIN(START_FILE_EDIT) WITH_ARGS(#FILNAM #LIBNAM LAN 'SALES RESULTS' NORMAL) TO_GET(#RETCOD)
USE       BUILTIN(END_FILE_EDIT) WITH_ARGS(Y) TO_GET(#RETCOD)
********** Execute Built-In Function - MAKE_FILE_OPERATIONL
USE       BUILTIN(MAKE_FILE_OPERATIONL) WITH_ARGS(#FILNAM #LIBNAM) TO_GET(#RETCOD)
********** Check if submission was successful
IF        COND('#RETCOD *EQ ''OK''')
MESSAGE   MSGTXT('Create/recreate of file submitted successful')
CHANGE    FIELD(#FILNAM) TO(*BLANK)
ELSE      
MESSAGE   MSGTXT('Create/recreate submit failed with errors, refer to additional messages')
ENDIF     
END_LOOP