7.97.3 POP_UP の使用例

以下は、POP_UPコマンドの例です。その他の例については、同じ機能を提供するDISPLAYコマンドのセクションを参照してください。

例1:画面の中央に配置されたポップアップ・ウィンドウでフィールド#ORDNUM、#CUSTNUM、および#DATEDUEをユーザーに表示します。

POP_UP    FIELDS(#ORDNUM #CUSTNUM #DATEDUE)
 

または、以下のように指定しても同じです。

GROUP_BY  NAME(#ORDERHEAD) FIELDS(#ORDNUM #CUSTNUM #DATEDUE)
POP_UP    FIELDS(#ORDERHEAD)
 

例2:ポップアップ・ウィンドウに1つの注文を表示し、このウィンドウ内のスクロール可能な領域にすべての明細行を表示します。

GROUP_BY  NAME(#ORDERHEAD) FIELDS(#ORDNUM #CUSTNUM #DATEDUE)
DEF_LIST  NAME(#ORDERLINE) FIELDS(#ORDLIN #PRODUCT #QUANTITY #PRICE)
 
POP_UP    FIELDS(#ORDERHEAD) BROWSELIST(#ORDERLINE) AT_LOC(5 10) WITH_SIZE(*AUTO)
 

例3:#ORDNUM、#CUSTNUM、および#DATEDUEを要求し、特定の位置および識別方法をフィールド属性として指定します。

フィールド属性の詳細については、「RDMLフィールド属性およびその使用法」を参照してください。

フィールドに対して特定の位置を指定すると、事実上、自動設計機能は「無効」になります。例えば、以下のようになります。

GROUP_BY  NAME(#ORDERHEAD) FIELDS((#ORDNUM  *COLHDG *L3 *P3 ) (#CUSTNUM *LABEL  *L3 *P24) (#DATEDUE *NOID   *L7 *P37)) 
 
POP_UP    FIELDS(#ORDERHEAD) AT_LOC(*UPPER) TEXT(('--DATE--' 6 37))
 

この場合、以下のようなポップアップが設計されます。

         ----------------------------------------------------- 

        :                                                     :

        :  会社名    顧客番号:                            :

        :  受注                                              :

        :  番号                                             :

        :                                        --日付--     :

         ----------------------------------------------------- 

 

行番号と列番号および「テキスト」を手作業で指定する必要はありません。画面設計機能を使用すれば、「自動」設計を大幅に素早く簡単に変更できます。詳細については、『LANSA/ADユーザーガイド』「画面設計機能を使用する」を参照してください。

POP_UPコマンドで画面設計機能を使用すると、(POP_UPまたはGROUP_BYコマンドの)関連付けられたFIELDSパラメータの指定が、必要な行、列、および識別方法の属性により自動的に変更されます。

拡張可能なグループ式を使用した場合は、LANSAにより、式が、その式を構成するフィールドで置き換えられることに注意してください。

また、POP_UPコマンドのTEXTパラメータの指定も自動的に変更されます。

例4:拡張可能なグループ式を使用して、画面設計機能でレイアウトの設計を変更します。

GROUP_BY   NAME(#XG_ORDHDG) FIELDS(#ORDNUM #CUSTNUM #DATEDUE)
POP_UP     FIELDS(#XG_ORDHDG) DESIGN(*ACROSS) IDENTIFY(*COLHDG)
 

以下のようなポップアップが自動的に設計されます。

          --------------------------------------------- 

         :                                             :

         :   会社名   注文     日付                  :

         :   受注     顧客  注文                 :

         :   番号    番号    納期                   :

         :   ________  ______    ______                :

         :                                             :

          --------------------------------------------- 

 

画面設計機能を使用して、以下のような画面になるようレイアウトを変更します。

            会社名   注文                                           

            受注     顧客                                        

            番号    番号                                          

            ________  ______       納期   ______            

 

この場合、POP_UPコマンドのFIELDSパラメータは以下のように拡張されます。

POP_UP     FIELDS((#ORDNUM *L2 *P3) (#CUSTNUM *L2 *P13) (#DATEDUE *L5 *P26 *LAB)) DESIGN(*ACROSS) IDENTIFY(*COLHDG)