7.98 PRINT

Þ: 利用法の確認

PRINTコマンドは、すべてのブレーク行の「トリガー」を検査したり、1行以上の明細行を印刷したりするために使用します。

ブレーク行(DEF_BREAKコマンドのセクションを参照)は、それに関連付けられた「トリガー」が満たされ、LANSAによって適切な時点で「トリガー」値を検査することが必要な場合のみ印刷されます。「トリガー」が満たされていれば、ブレーク行は印刷されます。

明細行(DEF_LINEコマンドのセクションを参照)は、自動的には印刷されません。また、ブレーク行(DEF_BREAKコマンドのセクションを参照)、見出し行(DEF_HEADコマンドのセクションを参照)、またはフッター行(DEF_FOOTコマンドのセクションを参照)のように「トリガー」されません。明細行を印刷するには、PRINTコマンドを実行して、明細行を印刷するよう要求する必要があります。

PRINTコマンドを使用する前に、「LANSAによるレポート作成」をお読みください。

参照

7.98.1 PRINT のパラメータ

7.98.2 PRINT の使用例

                                                         任意指定

 

  PRINT -------- LINE --------- *BREAKS ------------------------>

                                DEF_LINEグループ名のリスト

                                |                          |

                                 ---------- 最大20 --------

 

             >-- ON_REPORT ---- 1 ------------------------------|

                                レポート番号1~8